1. ホーム
  2. 資産運用で稼ぐ
  3. ≫資産運用・投資を行う上でのメリット・デメリット

資産運用・投資を行う上でのメリット・デメリット


資産運用・投資はインターネットの発達によって誰でも簡単に参加できるものになりました。

しかしまだまだ日本では資産運用・投資に対して拒否反応を示す人が多いのも事実です。ただ銀行預金してもほとんどお金が増えない現在において、将来の資産形成に向けて資産運用・投資を行わないのはそれだけでリスクとなり得ます。

そこでこのページでは資産運用・投資を行う上でのメリット・デメリットを紹介します。

 

資産運用・投資を行う上でのメリット

資産運用・投資を行う上でのメリットはたくさんあります。

さっそくいくつか紹介していきましょう。

 

忙しい人や初心者でも将来に向けた資産形成ができる

まずは簡単なことです。資産運用・投資を行う上での最大の目的は”お金を増やすこと”です。

基本的にお金を増やすためには働いてお金を稼ぐ必要がありますよね。しかしそれでは限界があります。現代において労働の対価としての賃金でお金を貯めるというのはなかなか難しいものがあるのです。

その理由は給料が増えないというのもありますが、労働による貯蓄というのは1次関数的にしかお金が増えないのです。どういうことかというと毎月貯まる額が一定ということです。

それに対して資産運用・投資においてはお金が2次関数的に増える可能性があります。これは増えたお金がさらにお金を増やすというためです。

そのため基本的に資産形成というのは長期にわたってお金を運用するというのがセオリーなのです。しかしまだまだ日本では投資=損をするものというイメージが根強いです。このイメージが投資初心者の参入を阻んでいました。

確かに短期投資においては初心者が手を出すと必ず損をするといっても過言ではありません。しかし長期投資ならば確実とまでは言わないまでもかなりの確率でお金を増やすことができるということは過去のデータが証明しています。

どういうことかというと、短期的に見れば株や投資信託などの資産価値は大きく上下するので一時的に資産がマイナスになるということもありますが、長期的に見るとほとんどの銘柄が緩やかに上昇していくため、長い目で見るとお金が増えるのです。

さらに長期投資では毎月一定額をグローバルバランス型のインデックスファンドなどに投資しておくだけでよく、デイトレードなどの短期投資のように毎日の相場に一喜一憂する必要がありません。はっきりいって短期投資は精神をすり減らします。そのため本業を抱えている人は相場の変動に一喜一憂し、相場が気になって本業が手につかなくなります。

しかし長期投資ならば相場の変動を気にする必要がないため、忙しい人や本業のある人に向いているのです。しかも将来的に億単位の資産を形成できるのは資産運用・投資だけであるため参加しない理由がないのです。

 

経済の流れを掴める・お金の知識が身につく

社会人になったら日経新聞を読め!なんてよく言われますけど、社会人にとって経済の知識というのは常識になります。

しかし資産運用や投資を行っておらず資産は現金のみという人と話すと、ちょっとこの人大丈夫かというくらい経済やお金の知識がないことに気付きます。

知らないことはそれだけで罪というかなんというか・・・

もちろん”知らない”ということに気付かなければ幸せなのかもしれませんが、私ならばすべてを知った上で悩むほうを選びます。人間の根幹は考えることなのですから。

 

資産運用・投資を行うようになるとある程度、世界や日本の経済について興味を持つようになります。もっと言えばお金の仕組みや流れについて詳しくなるのです。

そして経済と政治が密接に結びついていることがわかると世界の情勢や政治についても詳しくなります。アメリカ大統領選挙が相場にもたらす影響や、いままで何気なく見ていた衆議院選挙が経済にもたらす影響など知れば知るほど深く広い世界が見えてきます。

大人の教養として資産運用・投資を行うことは非常に重要なのです。

 

リスクに強くなる

資産運用・投資を行うと金融リスクに強くなります。こんなこと言うと

「はっ投資なんて行う方がリスクだろ。現金で持っておくのが一番安全だよ」

という声が聞こえてきそうですね。

これは確かに一つの考え方です。円は世界経済においても安全資産と呼ばれているため基本的に円で資産を保有していれば大抵の場合は問題ないでしょう。

ただこれは非常に閉ざされた考え方です。日本人特有の考え方といってもいいです。お金というのはその国の政府が保証しているから価値があるものです。その保証がなくなったらただの紙切れに過ぎません。

そのため例えば日本が沈没したら円は一切の価値を失くすのです。

まあ日本が沈没したらそのときは世界の破滅でしょうから、そんなことは起きないにしても日本人は日本が持つリスクについてあまりにも無知です。

例えば日本が借金大国であるということは周知の事実ですが、普通の企業で考えたらすでに破たんしている状態なのですよ。ただ日本の借金は自国の国民に対しての借金がほとんど(国債)なので世界的な信用が保たれているだけなのです。

また日本は本当に隣国に恵まれていません(笑)

一昔前に通貨危機を起こしたり、いまだに反日を前面に押し出してくる頭の悪い隣国

ミサイル開発などを繰り返して子供のような駄々をこねているだけの浅はかで幼い隣国

世界の覇権を目指して自国の国民すらも欺き、大国路線を突き進む隣国

このように日本の地形的リスクはかなりのものがあります。このように日本のリスクをあげればキリがないのです。

そのため日本円だけで資産を持つということはそれだけでかなりのリスクです。日本一国に命運を託しているようなものですね。

資産運用・投資における長期投資の考え方のセオリーは分散投資です。日本資産に対する配分が多くはなるのですが、海外資産にも投資することによって様々なリスクに対応できます。

このように資産運用・投資を行うメリットは海外の資産に分散して投資できるということなのです。

 

資産運用・投資を行う上でのデメリット

それでは逆に資産運用・投資を行う上でのデメリットを考えてみましょう。

 

元本割れする可能性がある

これは資産運用・投資をする上での心構えでも記載しましたが、資産運用・投資を行う上でのデメリットは投じた資産が減る可能性もあるということです。

 

はっきりいってこれだけです。これ以外に資産運用・投資を行わない理由はありません。

しかも元本割れのリスクは長期投資・分散投資を行うことでほとんどそのリスクを回避することができます。

そのほかにも短期投資を行うと相場の動きに一喜一憂するなどの心配がありますが、長期投資ならばその心配はありません。

 

まとめ

資産運用・投資を行う上でのメリット・デメリットをまとめてみました。

こうしてまとめてみるとわかるのですが、将来的な資産形成を目指すならば資産運用・投資は避けて通れません。しかもデメリットはほとんどないといってもよく、やらない理由がないのです。

いまやインターネットの発達によって資産運用・投資は誰でも簡単に行うことができます。リスクをきちんと知ることは重要ですが、それを理解した上で安全な投資を行ってみましょう!

 

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。