1. ホーム
  2. 資産運用で稼ぐ
  3. ≫資産運用・投資を始める前の心構え~投資はリスクがある!

資産運用・投資を始める前の心構え~投資はリスクがある!


資産運用・投資を始める前の心構え~投資はリスクがある!

資産運用や投資はお金持ちしかできないと思われているかもしれませんが、最近はそうでもありません。インターネットの発達により、自宅にいながら小額、それこそ1000円くらいでも簡単に投資を行えるようになりました。

そのため資産運用・投資をやってみよう!と思う人は増え続けています。しかしここで気をつけなければいけないのは、資産運用・投資にはリスクが伴うということです!

いままで紹介してきたネットでお金を稼ぐ方法は基本的にほとんど自身のお金を使うことはなく、初期投資が0で始められるものばかりでした。しかし資産運用・投資は違います。

自身のお金を使って、お金を増やす行為であり、投資した商品が値下がりすれば当然元本割れ(=損する)ということも十分ありえるのです。

しかしその分リターンは大きいのが資産運用・投資の特徴です。そのハイリスク・ハイリターンというわけですね。

今回はまずこれから資産運用・投資を考えている人向けに覚えておいてほしい心構えを紹介します。

 

すべての資産にはリスクがある!

まず覚えておいてほしいのはすべての資産には少なからずリスクがあるということです。

これは銀行預金だって同じことです。銀行が破たんすれば法律で守られているとはいえ1000万円までしか保証されないのは有名な話です。

そして大きな意味でいえば現金だって国が保証しているから価値があるのであって、国がなくなったらゴミ屑と化すわけです。まあ日本が明日潰れる心配は限りなくゼロに近いので基本的には日本円(=現金)で保有しておけば安心なのですが、完全に安全な資産などこの世には存在しないのです。

これが資産運用・投資を行う上でまず押さえておきたい前提事項です。

資産運用・投資とはリスク(リターン)と安心の配分なのです。

現金で保有しておくということは、リスクを極限まで減らして安心を最大化しているにすぎません。そして銀行に預金するという行為も一種の資産運用です。現金で保有するよりも少しだけリスクを増やして、リターン(利子)を得ているのです。

 

資産運用・投資をする目的をしっかりと持つ

まず資産運用・投資をする前に、目的をきちんと決めましょう。それによってあなたの投資スタイルが変わってきます。

長期投資:銀行預金並みの安定性を持ちながら、利率の良い商品でお金を長期的に増やしていく手法。

中期投資:1か月~2か月のスパンで資産配分を分析し、積極的に投資していく手法。

短期投資:いわゆるデイトレード。ギャンブル要素が強く利益は大きいがその分損する確率も高い。

このように資産運用・投資を行う目的によって取るべき戦略ともいえる投資手法が変わってくるのです。

基本的にハイリスク・ハイリターンで大きな金額を狙うならデイトレードのような短期投資が有効です。ただし短期投資は利益が大きい分、同じだけ損する確率もあります。

投資する銘柄やタイミングなどを見極めるだけの知識と勉強、そして運も必要な手法になります。大きなリスクを知識によっていかに少なくしていくかが勝負となります。

一方の長期投資はあまり高度な知識は必要としません。基本的にリスクの大きい資産に投資しなければ、将来的には確実に利益が出ると言われています。ただし短期投資よりも得られるリターンは当然少なくなります。

中期投資は長期投資と短期投資のハイブリッドのようなイメージですね。

「あなたはなぜ資産運用・投資をするのか?」

きちんとそれを決めてから始めたほうが良いでしょう。

そしてその目的に合わせて投資手法を決めていきます。短期的な利益が目標ならばリスクをとっても短期投資を行うしかないですし、リスクは最小限にして保有する現金を増やしていきたいのならば長期投資がベストです。

基本的に知識のない初心者や本業があるサラリーマンの方は長期投資をおすすめします。短期投資というのは精神的にかなりつらいです。含み損(投資した商品が元本割れしている状態)を抱えている状態というのはかなりきついです。

そんな状態では仕事も手につかなくなりますよ。

しかし長期投資では目先の値動きに一喜一憂しなくて済みますから、精神的にはかなり楽なのです。そして将来的には確実とは言わないまでも儲かる可能性が高いので、ちょっと持っているお金をそのままにしておくのはもったいないなあくらいの人は迷わず長期投資を選択しましょう。

 

資産運用・投資をやるなら本業を持ちましょう

短期投資を生業として生きていく人たちもいます。その人たちはデイトレーダーと呼ばれていますね。

FXや株の短期投資によって何億も稼いだという人もたまに話題になりますが、そういった人はかなりレアケースです。その裏にはかなりの人数が損失を抱えて市場を退場していったということをきちんと理解しておく必要があります。

それでも大金を夢見てデイトレーダーになる!と言う人だけ短期投資を本業にしましょう。

資産運用・投資を行うならばきちんと本業を持っておいたほうが確実にいいです。本業で稼いだ余剰資金を資産運用・投資に回すというやりかたが一番理にかなっています。

実際、まあ減ってもいいやくらいに思って資産運用を行っている人の方が、この世界では成功しやすいという側面があります。必ず稼いでやると気負っていると冷静な判断力を失うのがその理由と言われています。

その点、長期投資は優れているのです。

 

まとめ

資産運用・投資を行う上で理解しておくべき心構えを解説しました。

どんな資産にも少なからずリスクはあります。資産運用・投資はそのリスクとリターンの配分を決めていく行為なのです。

そして投資を行う目的によってその手法も変わってくるので、始める前になぜ資産運用・投資を行うのかきちんと考えてから望むようにしましょう!

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。