1. ホーム
  2. お小遣いサイトで稼ぐ
  3. げん玉(Gendama)
  4. ≫げん玉(gendama)の危険性・安全性・評判を総合評価してみる

げん玉(gendama)の危険性・安全性・評判を総合評価してみる


gendama16

げん玉はクリックポイントの多さや広告の還元率の高さ、お小遣いサイトでできることをすべて網羅しており、他のお小遣いサイトを牽引してきた存在です

登録に必要な情報も少なく、お手軽に登録できることや知名度が高いため、お小遣いサイトとしてまずはじめにげん玉!という人も多いです。なんというかやっぱりお小遣いサイトといったらげん玉という安心感があります。サービスレベルも高く、その人気は衰えることがないです。

しかしこれから始めようと思ってる人にとって、げん玉は安全なのか?危険なのか?といった評判や評価は気になるところです。

このページではげん玉の安全性や危険性について調べてみました。

げん玉の安全性と危険性

お小遣いサイトの代表格であるげん玉。その安全性と危険性を語る上で外せないのが、運営会社の健全性ですよね。

私たちが何かしらのサービスを購入するときは、基本的にそのサービスを提供している企業の信頼感がまずはじめに大前提として存在しています。

そこでまずはげん玉の運営会社である株式会社リアルワールドついて調べてみました。

げん玉の運営会社「株式会社リアルワールド」について

げん玉は運営会社である株式会社リアルワールドは、いわゆるIT企業です。主なサービスとしてポイントサイトである「げん玉」に始まり、クラウドソーシングサイトである「CROWD」、そしてネットショッピングやライフスタイルに役立つ内容を発信している「REALWORLD」などを運営しています。最近流行りのポイント交換サイトである「PointExchange」もリアルワールドが采井しています。

ネットと生活を結びつける利用者目線に立ったサービスが特徴的で、この業界を牽引してきた会社でもあります。

インターネットの発達により、世の中の多くの事象が便利になりました。

しかし、時間・場所・労働。これらには、未だに制約があります。

もし、インターネットがその制約を取り払うことが出来たら
どんな可能性を生み出すことが出来るでしょうか?

当社はポイントビジネスから派生し、クラウドソーシングという事業で
「時間」や「場所」に関係なく、「働く」機会を提供。
社会インフラとなるネットビジネスを展開している企業です。

(株式会社リアルワールドホームページより引用)

素晴らしい理念ですよね。やはりこういった想いを持った会社でなければ利用者目線に立ったサービスというのは生み出せないと思いますし、使っていて非常に安心できます。

基本的に運営会社の安全性や危険性は、「儲かっているか?」ということにつきます。儲かっていなければサービスが停止してしまったり、セキュリティにお金を投資することができなくなって危険になったりするからです。

しかし株式会社リアルワールドのサービスは拡大していて、現在のところ絶好調の経営を続けていますので、いまのところそういった心配はほとんどないといっていいでしょう。

株式会社リアルワールドの基本情報
名称 株式会社リアルワールド
所在地 東京都港区六本木一丁目6-1 泉ガーデンタワー33F
資本金
4億1700万円
設立日
2005年7月29日
連結従業員数 130人
プライバシーマーク 取得済み
SSL認証 あり

 

こうして会社の規模を見ると、お小遣いサイト・ポイントサイト業界のなかではかなり大手の大きい会社になります。設立は2005年でお小遣いサイトのなかでも老舗になりますね。

最近では、世の中の流れとして場所に囚われない働き方に注目が集まっているので、クラウドソーシングに力を入れています。クラウドソーシング協会の代表理事でもあるので、これからクラウドソーシングを牽引していく存在であることは間違いないでしょう。

プライバシーマーク

お小遣いサイトやポイントサイトのような個人情報を扱う会社において非常に重要な指標なのが、プライバシーマークなのですが、株式会社リアルワールドはもちろん取得しています。

プライバシーマークとは日本工業規格(いわゆるJIS規格)が定めている個人情報保護マネジメントに関する条項で、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定している制度です。

簡単にいうと、権威ある団体が株式会社リアルワールドの個人情報の扱い方に問題はないよ!というお墨付きを与えてくれているのです。そのため登録した何かしらの個人情報が流出するといった危険性はほとんどないと考えていいでしょう。

SSL認証

またこういったサービスでは通信内容の秘匿性が求められるんですが、げん玉では当然SSL通信を利用しているため、通信の秘匿性(ようするにセキュリティ)対策も万全です。

SSLとは通信を暗号化してやりとりする仕組みの一種で、いまやインターネット業界でセキュリティ関連情報を扱う場合のデファクトスタンダードになっています。SSLを利用している通信であるかは、URLを見ればわかります。URLが「https://~」始まっていれば、その通信は暗号化されているので傍受される心配はほとんどありません。

実際にリアルワールドのURLを見てみると

gendama17

ポイント交換のページやログインするページなど通信の傍受が問題になりそうなページではSSL通信で行っていることがわかります。こういうところがセキュリティがきちんとしているので、会社としての健全性がわかります。

マザーズ市場への上場

株式会社リアルワールドはマザーズ市場に上場しています。上場会社はそれだけで社会的信用が高いです。市場から企業運営の健全性が認められているわけです。

お小遣いサイト・ポイントサイトの最大の危険性はサービスの突然の終了なのですが、上場企業だけにそういったことはまずないと思っていいでしょう。

株式会社リアルワールドがマザーズ市場に上場できたのはクラウドソーシング業界の発展に寄与したことが認められたためと言われています。ネットで稼ぐということにおいてまだまだ発展してくれる可能性を秘めた会社といえるでしょう。

株式会社リアルワールドの社内風景

ちょっと興味があったので、株式会社リアルワールドのホームページをのぞいてみました。すると社内風景が掲載されていました。

gendama18

かなりおしゃれなオフィスで、社員の方たちも生き生きと働いているみたいですね。それにしても若者と女性が多い!

なにかやってくれそうな雰囲気がぷんぷんしますね。

なんかいまどきの勢いのある成長企業って感じがしました。

実際に売り上げも年々伸びているので、まだまだこれから発展していく会社となっています。

げん玉の危険性・安全性・評判まとめ

このようにげん玉の運営会社であるリアルワールドはいまのところ勢いに陰りが見えず成長している企業であり、セキュリティや個人情報の管理もしっかりとしているので危険性はほとんどありません。

げん玉自体のサービスはいうまでもなくお小遣いサイト・ポイントサイトで最強レベルなので、これからもお小遣いサイト・ポイントサイトの主役であることはかわらないでしょう。

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


会員登録はこちらから↓

  げん玉で稼ぐ方法まとめwikiトップへ戻る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。