1. ホーム
  2. 資産運用で稼ぐ
  3. FX
  4. ≫FX取引口座の開設方法を詳細に解説!まずは開設して取引をやってみよう!

FX取引口座の開設方法を詳細に解説!まずは開設して取引をやってみよう!


FX取引口座の開設方法を詳細に解説!まずは開設して取引をやってみよう!

FXの業者選定が終わったらさっそくFX取引口座を作ってみましょう!

あれこれ悩むよりもさっさと取引をしてみることが上達の近道です。実際FXの取引口座は当然無料で作れますし、初回入金額などの一定条件を満たせばキャッシュバックも受けられるので、先に始めただけ利益が期待できますよ。

ちなみにFX専業トレーダーは大抵取引口座を複数所有しています。それほどどこの業者で取引するかは実力に関係ないのです。

【参考記事】おすすめFX業者・口座の選定方法は?基本はスプレッドと安定性で大手を選ぶ!

若手の虎

とりあえずやってみることが重要だぞ( ゚Д゚)

FX取引口座の開設方法

FX取引口座の開設方法は簡単です。

基本的にはどこの業者も似たような手順です。大体、申込ページから口座開設するに必要な情報を入力して、審査がスムーズに進めば、最短で申込の翌日から取引することも可能です。

ただし大体申込から取引開始まで2~3日は見ておいたほうがいいでしょう。

ちなみにFXをやるような人はインターネットバンキングの利用が必須です。FX口座と銀行口座間の資金のやり取りもインターネットバンキングを使えばリアルタイムだからです。

まだインターネットバンキングの口座を持っていない人は当サイトおすすめの楽天銀行に口座を開設しておきましょう。

【参考記事】楽天銀行(旧イーバンク銀行)の稼ぎ方・評価まとめ

 

FX取引口座の開設方法は以下の手順で進めます。

①FX業者の申込ページに申込情報を入力する(15分ほど)

②マイページへのログインIDとパスワードを郵送で受領する(最短で翌日、通常でも2~3日)

③マイページにログインして、初期資金を入金する(リアルタイム)

④取引開始!

これだけです。順に解説していきます。

 

①FX業者の申込ページに申込情報を入力する(15分ほど)

ここでは当サイトおすすめ(というよりもみんなのおすすめ)であるDMM.com証券を例にとって解説します。

まずは以下のバナーからDMM.com証券の申込ページに移動してください。



すると以下のようなDMM.com証券の申込ページに遷移します。

ここで、「口座開設(無料)はこちら」というボタンをクリックしてください。(デモ口座の開設が出来るところもありますが、デモ口座はまったく意味をなさないので、さっさと経験を得たい人は通常の口座を開設しましょう)

次に申込情報の入力ページに遷移するので、各種約款や同意項目のチェックを入力して、必要な情報を入力してください。

※ちなみにこの約款には、簡単に言うとFXは損する可能性もあるということと、その損失については業者では保障しないということが書かれています。

入力項目には職業や財務状況、投資目的を入力する欄がありますが、あまり深く考えなくて大丈夫です。

当時学生だった私(資産2~30万円・投資経験なし、職業:学生)でも審査が通りましたから、基本的には問題ありません。

 

②マイページへのログインIDとパスワードを郵送で受領する(最短で翌日、通常でも2~3日)

WEBページでの申込が完了したら、書類が郵送(簡易書留)で送られてきます。

その郵送書類にログインページのURLとログインID、初回パスワードが記載されているので、さっそくログインしてみましょう。

ログインしたら、まずはリアルタイムチャートなどを眺めて見てください。相場の流れを始めて感じることが出来ると思いますよ。

 

③マイページにログインして、初期資金を入金する(リアルタイム)

ここまで来たら取引まであと一歩です。

口座が出来ても、最初はその口座にお金が入っていないため、取引ができません。

即入金から取引口座に入金しましょう。

※キャッシュバックを行っているFX業者では初回入金の金額を定めているところが多いです。キャッシュバックはただでもらえるお小遣いのようなものなので、確実にもらっておきましょう。

最初は10万円くらい入金すればいいと思います。10万円あれば最小ロッドの1000ドルの取引が可能だと思います。最初に入金する額は、別にその額を全額取引に使用するわけではないので、あまり気にする必要はありません。

 

④取引開始!

口座に入金したらさっそく取引してみましょう。

口座への入金額とレバレッジ設定によって取引できる数量が異なりますが、最初は最小単位を取引してみてください。

おすすめはドル円で1000ドル(おそらくこれが最小ロッド)を買ってみるのがいいでしょう。スプレッドがあるので、すぐに売ったら確実に損しますが、値動きが少ない日であれば、待っていれば利益が生まれる瞬間があるので、そこで買った1000ドルを売って見てください。

すると利益が発生するはずです。これだけでかなりの経験になります。

※値動きが激しい日だと、マイナスになってそのまま戻ってこない可能性もあるので、値動きが大きい日はチャートを眺めるだけにしてください。それでも取引してしまって、損失を抱えてしまった場合は、被害が大きくなる前にさっさと決済(売り注文)してください。

まずは慣れることが重要です。最初は儲けることが目的ではないので注意しましょう。

 

まとめ

FX取引口座の開設方法を解説しました。

FX取引口座は初期資金(10万円ほど)とインターネットバンキングを行える銀行口座さへあれば最短で申込の翌日から取引が出来ます。

キャッシュバックを行っている業者も多いので、さくっと作ってとりあえずやってみましょう。最小ロッドの取引(ドル円なら1000ドル)ならばマイナスに値動きしてもたかが知れた損害なので、気軽にやって見ましょう。

そして慣れてきたら取引ロッドを1万ドル、10万ドルと増やしていけばいいと思います。

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


FX

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。