1. ホーム
  2. お小遣いサイトで稼ぐ
  3. モッピー(moppy)
  4. ≫モッピーワークスの攻略方法は?非承認にならないコツとルール

モッピーワークスの攻略方法は?非承認にならないコツとルール


moppy03

モッピーのおすすめの稼ぎ方の一つに「モッピーワークス」があります。

モッピーワークスは、ショッピングなどのように生活の行動の一部がポイントとなって還元される仕組みとは毛色が異なり、在宅ワークのようにアルバイト感覚でポイントを稼げる仕組みになります。

やればやるほど稼げるため、「好きなときに、好きなだけ」稼ぎたい方にとっては非常にありがたいですよね。

しかし始めたばかりの人は、どのように書けばいいのか?またやったけども非承認になってしまってなかなか稼げないという人もいます。

そこで今回は、モッピーワークスの攻略方法と稼ぎ方のルールを説明したいと思います。

モッピーワークスって何?という人はまずこちらの記事からどうぞ

 

モッピーワークスの攻略方法

モッピーワークスはモッピーの中でも稼げるカテゴリーとして注目されていて、空いた時間にアルバイト感覚で始める人が多いです。

モッピーワークスで効率的に稼ぐためには、タイピングの速さももちろん必要ですが、それよりも各内容を整える国語力と、誤字脱字をいかになくせるかという注意力が重要になります。

いかに一つ一つの作業を丁寧に行えるかというほうが重要なのですね。

勘違いしてほしくないのは、ポイントをたくさん稼ぎたいばかりに早く、大量に案件をこなすことばかり考えて、作業を行うのは得策ではありません。なぜならば適当に作った文章や他サイトのコピペで作った文章などは運営側に非承認にされてしまうからです。

当然、他サイトの文章の引用は禁止で、オリジナルの文章を書かなければなりません。これは様々ある記事作成サイトも同じです。

しかしよくよく考えてみると文章を書くって「どこかで自分が手に入れた知識」を元にして書いているので、内容自体は厳密にいえばコピーになりますよね。そのためオリジナルの文章を書くというのはオリジナルな内容を書け!と言ってるわけではないのです。

オリジナルな内容を書くというのは、例えば学術論文などにはもちろん必要ですが、こういった記事作成案件でオリジナルな内容を書く必要はありません。必要なのは”オリジナルな文章”なのです。

この違いがわかるようになってくると本当に効率的に記事作成を行うことができます。

それでは具体的な方法を解説していきます。

 

オリジナルの文章を書く方法は?

モッピーワークスやその他の記事作成で私が行っている方法は簡単です。

まず記事作成を行う前に、テーマに関するサイトや本の内容を頭に入れます。これがまず最初に行うことです。下調べをしないで文章を書き始めると、内容が思い浮かばなかったり、途中で止まってしまったりと逆に効率が悪いです。

もちろんサイトや本などを参考にするときは、テーマに関する内容を意識して、この内容は参考にできそうだという視点を持って見てください。関係ない内容まで読んでいたら時間がいくらあっても足りません。

そしてある程度テーマに関する知識を手に入れたらあとは簡単です。参考にしていたサイトを見ないで、自分の頭の中の知識だけで文章を書くのです。

これが”オリジナルな内容”と”オリジナルな文章”の違いです。

人間というのは不思議で、一つの知識からでも、違う人が説明する文章を書けばまったく違う文章が出来上がります。そのためオリジナルな文章を書くのは簡単なのです。

ここで参考にしたサイトを見ながら行ってしまうと、少なからず文章の内容や、構成が似通ってくるのでやめたほうがいいです。もちろん部分的に参考にしなければわからないところは、他サイトを参考にしながら書く必要がありますが、なるべく自分の頭の中にある知識からのみで書いていくことがオリジナルな文章を書くコツです。

 

モッピーワークスで非承認にならないルールは?

オリジナルな文章が書けるようになってもなかなか書いた文章が承認されずに非承認となって稼げないという人はモッピーワークスの最低限のルールを守ってない可能性があります。

そんな人はこれから書くルールをきちんと守れているか確認してみましょう。結構思い込みで書いているとルールを守っていない場合がありますよ!

読んでみると意外とルールが多いので大変かもしれませんが、ここでは自分が自然と守れているルールと守れていないルールに分類してみて、守れていないルールだけに着目すればOKです。自然と行えているルールは意識せずに守れているはずなので問題ないです。

 

他サイトの文章をコピペ(引用)した場合

まずは最低限のルールです。これは当然守れている人が多いですが、なかには堂々とコピペした文章を記載して、「なんで承認にならないんだろう?」と言う人は少なからずいます。

コピペの文章はすぐにわかるようになっています。運営側は投稿された文章がコピペされたものではないかを確認できるソフトを使っています。コピペしてもばれないだろうと思ってる人は最近のインターネットの技術を甘く見ないほうがいいです。

他の人が書いた文章をコピペしないというのは、いまやインターネットで稼いでいく上で基本的なルールとなっています。モッピーワークスのようなインターネットを用いて稼いでいこうと思ってる人は、絶対にやめましょう。

 

自分で書いた文章を再利用している場合

まあ当たり前なんですが、コピペしてはいけないというのは自分で過去に投稿した内容にもあてはまります。

インターネットにくわしくない人は「”他人”の書いた文章をコピペしてはいけないのはわかってるけど、”自分”で書いた文章ならいいんでしょ!」と思ってる人もいます。

これも当然NGです。

インターネット上に存在している文章をコピペしてはいけません。そのため過去に自分が書いた文章であっても、どこか違うサイトや案件にすでに投稿した内容であれば、それはコピペしてはいけないのです。

 

漢字で書く内容を無理やりひらがなで書いた場合

モッピーワークスには文字数が決まっているものがほとんどです。そのため文字数を稼ぐために、なかには漢字で書けるところを無理やりひらがなで書く人がいます。(笑い話のようですが実際に結構いるみたいです・・・)

モッピーワークスで決まっている文字数というのは、通常の文章で書いた場合に必要な内容を書く場合にこのくらいという基準で決まっています。

そのためひらがななどで文章をかさ増しした場合は、必要な内容量に届いていないことになります。

ただし通常だと難しい漢字で、ひらがなやカタカナで書くのが普通になっているものについてはその限りではありません。例えば”秋刀魚”を”さんま”と書いても特に違和感はないですよね。

 

必要以上に句読点を乱発した場合

これも文章をわざとかさ増ししてはいけない原則に違反します。

世の中には必要以上に句読点を打つ人がいますが、必要以上に句読点が打たれた文章は逆に読みづらいものです。かさ増ししようと思って打たれた句読点ならばなおさらです。

文章を書いたあとは自分で見返してみて、必要以上に句読点が打たれていて読みにくくないかを確認する癖をつけましょう。

 

強引に文字数のかさ増しを行った場合

実は非承認になる上で一番多いのは、文字数のかさ増しだと言われています。

先ほども述べましたが、モッピーワークスで決められている文字数というのは、必要な内容を通常の文章で書いた場合にこのくらいという基準で決められています。

そのため強引に文字数のかさ増しをした場合は、求められる内容に達していない可能性が高いのです。私も仕事柄他人の書いた文章をよく見ますが、強引にかさ増しされた文章というのはすぐにわかります。

読んだら内容がすっからかんなので・・・

同じことを違う言い回しで何回も言っているものは要注意です。

 

スペースを使って文章を区切っている場合

句読点を使う代わりに、スペースを使った文章を区切っている人も結構いるようです。

ブログなどで表現としてスペースで文章を区切ったり、文字間隔を整えている場合には有効なのですが、記事作成にあたってスペースを用いることはNGです。

インターネット上において必要なものはテキストデータであって、スペースは意味を成しません。

 

テーマやキーワードについて批判的な内容を書いている場合

モッピーワークスなどの記事作成案件は、自分の意見を述べる場所ではありません。

これを勘違いして、批評家ばりの批判内容を書く人がいます。いくらその批評が的を得ていて、素晴らしい内容だったとしても、テーマにとって批判的な内容はNGです。

これは依頼人の立場にとって考えてみてください。通常記事作成の依頼を出す企業やお店は宣伝などのために依頼を出すことが多いです。そんなときに批判的な内容をもらってもうれしくないですよね。

批判的な内容を書くのは個人のブログだけにしておきましょう。

 

テーマやキーワードとの関連性が低い内容を書いている場合

仕事をしていても、質問に対して答えになっていない文章を書く人というのは結構います。これ本当に多いです。

例えば「あなたは~をしましたか?」と聞かれた場合の端的な答えは「はい」か「いいえ」ですが、これを「それは~で、こういう理由だから、うんぬんかんぬん」と結局どっちなの?と突っ込みたくなるような内容を書く人がいます。

テーマに対する内容を書くために必要なことは書いていいですが、ほとんど関係のない文章で文字数をかさ増ししているようにとらえられる場合は非承認になってしまいます。

 

誤字脱字が多い場合

誤字脱字には一番気を付けましょう。文章の内容がとても良いものであったとしても、誤字脱字があったら台無しです。

誤字脱字は誰でもあります。それは仕方がないことです。しかし誤字脱字は文書を書き終わった後に自分で一度見返してみるだけで簡単になくすことができます。

文章を書き終わった後はその達成感からか、すぐに確認もしないで投稿してしまう人がいます。しかし意外と誤字脱字というのは多いものです。自分で書いた文章を一回見直すだけで誤字脱字は簡単になくすことができるので、必ず一度見返すようにしましょう。

 

構成不良・接続詞がおかしい文章を書いている場合

読んでいると、なんかおかしい文章は結構あるものです。

それは文章間のつながりがなかったり、接続詞がおかしかったりするためです。読んでみるとすぐにわかるので、こういった文章は非承認になってしまいます。

あと多いのが同じ接続詞を多用している場合ですね。見返してみると「それは~、それは~、それは~」みたいに同じ接続詞を多用してしまっていて、違和感のある文章になっていることがあります。

これも書いた後に一度見直すだけですぐにわかるので、注意しましょう。

 

体験談となっている文章を書いている場合

もちろん体験談を募集している案件では、体験談を書かなければいけないのですが、そうではない説明案件などで、自分の体験談を書いている人がいます。

体験談風の文章は書きやすいので、結構はまりがちではありますが、あくまで第三者の視点で文書を書くようにこころがけましょう。

 

伝聞調の文章を書いている場合

伝聞調の文章とは「~のようです。」「~らしいです。」といった文体はNGです。

こういった伝聞調の文章は、曖昧な感じに捉えられてしまって、自信がない印象を与えがちです。そのためなるべく「~です。」「~でした。」と言い切る形で書く方がいいのです。

もちろん自身の感想を書くような案件の場合は、~だと思いますなどの書き方はOKです。

 

まとめ

モッピーワークスの攻略法と非承認にならないための基本的なルールを解説しました。

たくさんルールがあるように感じられますが、ほとんど通常でも意識せずにできていることだと思います。基本的には自分が守れていないものを意識して書くようにしましょう。

そして一番重要なのは、テーマやキーワードに合った(求められている)内容となっているかということです。これは依頼者の立場に立って考えればすぐにできることです。

お小遣いサイトNo.1モッピーの会員登録はこちらから
モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピー(moppy)の稼ぎ方・評価まとめwikiトップへ戻る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

モッピー関連記事一覧