若手の虎のつぶやき

自分のスキルをネットで販売して稼ぐ

写真を撮影してネットで販売してお金を稼ぐ方法

写真を撮ってネットで販売してお金を稼ぐ方法って何?

最近は本格的な一眼レフカメラなどが比較的安価で手に入るようになり、本当に写真を趣味にする人が増えましたよね

というよりもドでかい一眼レフカメラを、誰でも所有できるようになりみんなそれっぽく見えるようになりました(笑。

 

そしてそんな写真をかじっている人にとっては夢のような稼ぎ方があります。

それが写真を撮ってネットで販売して稼ぐ方法です。

副業初心者
写真なんて売れるの?
これが意外と売れるんだよ。
管理人

「えっ写真って売れるの?」と思うかもしれませんが、これが売れるんです!!

現在はネット全盛の時代となり、ネットページを作るのにビジュアル的な要素は必要不可欠になりました。そこで主に利用されるのが写真というわけです。

また写真は広告や雑誌などでも重宝されていて、いくらでも用途があります。

写真販売はストック型のビジネスとなり、たくさんの売れる素材を保有できるようになれば、月に一定の固定収入を得られるようになりサラリーマンの副業にもぴったりなんですよ。

ポイント

そこでこのページでは写真を撮影して、ネットで販売する方法や、写真を販売するコツを紹介します。家にカメラがある人はぜひ試してみましょう!

写真を撮ってネットで販売して稼ぐ方法

副業初心者
写真撮って売るったってあたしゃプロみたいな写真は取れないよ。
いいカメラさえあれば、素人に毛が生えた程度の腕でも、アイデアや行動力次第で稼げるよ。
管理人
ネットマネーの虎
写真の質はカメラの性能向上によってほとんど差がなくなってきたから、あとは撮影するもの次第だね。

写真で収入を得るといっても、プロの写真家になるわけではありません。

あくまで趣味の延長で稼ぐ方法があります。それがネットで撮影した写真を販売する方法です。

現在はネット全盛の時代となり、趣味で撮影した写真をネットに掲載して、販売することができるのです。

副業初心者
写真が趣味の人には夢のような稼ぎ方ね。

これはインターネット全盛の現代だからこそ生まれた稼ぎ方といえるでしょうね。

インターネット上にはいろいろな写真素材を必要としている人がたくさんいます。

 

もちろんプロが撮影したような写真をほしがっている人もいますが、ほとんどの場合はサイト作成や広告素材を作成するにあたって使用する素材としての需要です。本や雑誌で使用する場合もありますね。

そういった写真の場合、プロの写真というよりは普通の写真が好まれる場合も多いというわけです。

そして近年ではインターネットを利用して、個人が撮影した写真を簡単に売買できるサービスがたくさん登場しています。これらのサービスによって写真を販売するチャネルが整備され需要と供給がマッチングするようになったのです。

 

こういったサービスを利用して月に100万円単位で稼ぐ人もいるようです。もちろんこういう人は一部でプロの写真家や写真販売を専門の職業として行っている人だと思いますが、素人の趣味でも意外とお小遣い程度は稼げる評判になっています。

サラリーマンでもコツさえつかめば月に数万円の副収入を得ている人はたくさんいます。

 

写真販売のメリット

写真販売でお金を稼ぐ方法のメリットは趣味の延長が副業となる点です。趣味がそのままお金を稼ぐ手段になることはこの世の中に数多くありませんが、写真販売であればそれが可能なのです。もちろん写真が趣味でない人もちょっとした一眼レフカメラや高性能スマホさえあれば、すぐに始められるところが優れています。

また実は写真販売はストック型の収入が期待できます。

つまり販売用の写真を増やしていけば収入がどんどん増えていくのです。

 

写真販売というと一度売れた写真はもう売れないと思うかもしれませんが、そうではありません。あくまで写真販売はその使用権を売っているだけであって著作権は撮影者に帰属したままです。つまり同じ写真を何度でも売ることができるのです。

これはつまり売れるような写真を貯めていけば、その売り上げはどんどん増えていくということにつながります。

最初はもちろん月に数百円程度の売り上げしかないかもしれませんが、売れる写真を貯めていくことによって、月に数千円、数万円、そして数十万円稼ぐことも可能になる方法なのです。これは副業にはぴったりですよね。

 

写真販売はいくら稼げるの?

さてそれでは実際にいくら稼げるのかという話題に迫っていきます。やはり一番気になるのはそこですよね。

まず大手写真販売サイトにおける撮影者の報酬は写真販売額の20%~50%であることが多いです。

 

これは業者や契約形態、撮影者のランクによって変わってくることが多いです。もちろん撮影者に入る収益以外の金額は販売手数料として写真販売サイトの収益となります。

こう聞くと結構サイト側に搾取されてるな・・・と思うかもしれませんが、もともと写真は撮ること事態の経費がほとんど掛からないことを考えると妥当な収益率だと思いますよ。

そして気になる写真の販売額ですが、写真販売の大手PIXTAでは、サイズ別にSが660円、Mが1980円、L3630円、XLが5500円となっています。サイズは購入者が選びます。つまり例えばPIXTAに登録したSサイズの写真が1枚売れた場合、初心者ランクの報酬率を20%とすると、120円程度の収入が撮影者に入ってきます。

(この報酬率は実績を重ねていき撮影者のランクを上げることで上がっていきます。)

 

この金額が高いと考えるか、低いと考えるかは評価が分かれるところですが、私は結構いいビジネスだと思ってます。

だって原価はほぼかからず、売ったものも手元に残り続けるんですから。

売れる写真の登録を増やせば増やすほど収入が増えていくストック型のビジネスといえるでしょう。

 

さてこれを聞くと、「写真を売る側はいいけど、一体どんな人がネットで写真を買うの?」と気になる人がほとんどだと思います。

ところが写真の需要というのはかなり高いんです!

 

インターネットサイトを作成する際や、ホームページ、その他色々な告知などを行う際には様々な写真が欠かせません。文字だけのサイトと写真を使ったサイトではどちらが見た人に訴えられるかは一目瞭然ですよね。

そのため色々な素材の写真というのはかなり需要があります。

「でもそんな写真なんてインターネット上にたくさんころがってるじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、それは通常利用できないのです。

 

インターネット上では様々な画像が入り乱れておりますが、実はそういった画像の一つ一つに著作権があります。そのため、勝手に人の画像を使用するのは違反にあたります。

ちょっと前に、東京オリンピックのロゴでやっちゃった事件がありましたね・・・

picture-selling01

この人ね。

インターネット上の写真をそのまま、自分の作品PR画像に利用していたことで問題になりましたね。

まあというように、人の写真を許可なく公式なものなどに勝手に使うことは違反なのです。

そのため個人が撮影した写真の著作権ごと得られる写真の販売サービスが生まれるわけです。

 

売れる写真はどんなもの?

もちろん撮影した写真がなんでも売れるわけではありません。

そこは需要があるものしか売れないわけです。買手あってこその商売になります。

それでは一体どんな写真が売れるのでしょうか?

 

実際に売れる写真の例を紹介していきましょう。

 

人物の写真

まずはじめに人物の写真や風景の写真がよく売れるようです。

人物の写真は特に肖像権などがからんでくるので、需要が高いにも関わらずなかなか手に入らないのです。勝手に企業のホームページに使われたらたまったものじゃないですよね。

そのため企業が人物の写真を使うときはきちんとこういった有料の写真サービスを使うのです。

 

やっぱり若い女性の画像などは高く売れるみたいですよ(笑)。

よくサイトや広告などで女性のモデルが驚いたり、解説してくれたりするものがあるじゃないですか。ああいうのに利用されるんですね。

ただしもちろん人物の写真を売るためには被写体となる人物の許可が必要になります。勝手に撮影した写真を売っていいわけではありません。そういう意味だと自身を撮影した写真であればいくらでも売れますね(笑)売れるかどうかは別として・・・

ただし副業として狙うには人物の写真はハードルが高いと言わざるを得ません。

 

人物写真はやはりモデルを起用して、構図を狙って撮影する必要があります。

例えば以下のような写真です。

この写真はフリー画像ですがこのレベルのモデルを起用して、構図を企画して・・・と素人の副業レベルでやることではないです。

もちろん自身がモデル級の素材であり、顔出しOKであれば取り組んでもいいかもしれませんが、例えば私のようなしがないサラリーマン副業ブロガーにはかなりハードルが高いのです。

 

風景の写真

次に風景の写真などが需要が高いですね。風景の写真は意外と利用しやすいんですよ。

ビジネスとか個人サイトとか。実際に副業で狙っていくのはこの風景の写真となるでしょう。

 

よく旅行に行く人などは現地でしか撮影できないような写真をたくさん撮影するといいと思います。

簡単に撮影できないようなものほど需要が高いのは言うまでもありません。

たとえばですがマチュピチュの写真を使いたいと企業が思ったときに、ネットに転がっている写真はまず使いません。(そういうことしてあとで問題になる人もいますが・・・)そこで有料サービスから探して購入するわけです。

マチュピチュなんてなかなかいけないですからね。

副業で取り組むべき売れる写真のテーマとは?初心者におすすめのテーマも解説!!

Contents1 副業で取り組むべき売れる写真のテーマとは?初心者におすすめのテーマも解説!!1.1 写真のネット販売にて売れるテーマはどんなものがあるか?1.1.1 家族の写真1.1.2 女性の写 ...

続きを見る

もちろん売れるくらいですから、ある程度の品質がなければまったく相手にもされませんが、最近のカメラは高性能ですので、素人でもプロ並みの写真が撮れます。

そのためあとはアイデア次第で需要のある写真を販売すればかなり儲けることも可能だと思います。

もちろん買い手がいれば写真は売れるので、よく売れるジャンルよりニッチなジャンルを攻めてもいいかもしれません。

トライ&エラーで自分なりの売れる写真を見つけましょう。

初心者が売れる風景写真とはどんなものか?写真撮影のコツやポイントを紹介

Contents1 初心者が売れる風景写真とはどんなものか?写真撮影のコツやポイントを紹介1.1 売れる風景写真とはどんな写真か?1.2 売れる写真撮影のポイント・構図は? 初心者が売れる風景写真とは ...

続きを見る

 

ネットで写真を販売する具体的な方法・手順

写真を販売する方法は簡単です。

 

step
1
写真販売サイトに登録する

写真販売サイトに登録すれば写真販売を開始できます。

写真販売サイトでクリエイター(写真を登録する側)の利用料が無料で、一番大手なのはPIXTAです。



特にこだわりがなければ大手のPIXTAで写真販売を始めるといいと思います。大手であればそれだけ顧客も多く、登録した写真が目に付く可能性が多いからです。

こちらのサイトでクリエイター登録(本人確認あり)を行って、写真を投稿すれば、さっそく写真の販売が可能になります。

step
2
写真をアップロードする

写真販売サイトに登録した後は写真をアップロードするだけです。

ただしどんな写真でも販売できるわけではなく、アップロードした写真はまず審査されるのが基本です。

NGとなる写真は公序良俗に違反する写真だったり、著作権を侵害しているような写真です。人物の写真の場合は、許可があるかという確認もされます。

step
3
写真が売れると報酬が入る

こうしてあとは審査を通過した写真が売れれば、報酬が振り込まれます。

あとはあなたのアイデアと写真の腕次第です!

 

まとめ

写真を撮ってネットで販売して稼ぐ方法を紹介しました。

最近はカメラが高性能になり、しかも安価に本格的なものが手に入るようになりました。

そのため写真を趣味にしている人にとってはまさに趣味で稼ぐ!ということを可能にする素晴らしい稼ぎ方といえるでしょう。

 

写真販売はストック型のビジネスであるため軌道に乗れば優秀な副業となります。ぜひ試してみてください。

 

おすすめのお小遣いサイトランキング

お小遣いサイト界の進撃の巨人!サービスレベルもNo.1のポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンはIT業界の巨人GMOが運営する現在最も勢いのあるお小遣いサイトになります。クリックポイントの多さや広告の還元率、紹介制度共に全て文句なしで、その勢いはとどまることを知りません。当サイトではそのサービスレベルの高さからついにNo.1になりました!

稼げるサイトNo.1のモッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

お小遣いサイトの決定版!!稼げる力No.1 クリックポイントの多さや広告の還元率、紹介制度共に全て文句なしで、他のお小遣いサイトを圧倒しています。 最強のキャンペーンに加え、スマホコンテンツの充実っぷり!会員数を伸ばし続けていて、運営も安泰です。

老舗のわかりやすさNo.1げん玉

お小遣いサイトの老舗!! クリックポイントの多さや広告の還元率の高さ、お小遣いサイトでできることをすべて網羅しており、他のお小遣いサイトを牽引してきた存在。 登録に必要な情報も少なく、お手軽に登録できることや知名度が高いため、お小遣いサイトとしてまずはじめにげん玉!という人も多いです。

-自分のスキルをネットで販売して稼ぐ
-

Copyright© ネット副業虎の穴~ネットでお金を稼ぐ方法まとめサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.