1. ホーム
  2. データ入力で稼ぐ
  3. ≫データ入力(SOHO)で稼ぐ方法~自宅で手軽にお金を稼ぐ!

データ入力(SOHO)で稼ぐ方法~自宅で手軽にお金を稼ぐ!


internet01

ネットでお金を稼ぐ方法といって最初に浮かぶのがデータ入力かもしれませんね。パソコンでお金を稼ぐという方法の先駆け的な存在です。

データ入力とは紙媒体や画像などの資料からデジタルで管理できるデータにする(タイピングする)作業でいまでは在宅ワークの代表格といった感じです。

ワープロが登場してから早30年は経つでしょうか?それからパソコンとインターネットが登場して、データ入力の仕事はかなりポピュラーになりました。実はパソコンを”使えなければいけない”という固定観念から敬遠する人が多いのですが、逆にパソコンを使える人ならば、かなり割りのいい在宅ワークとなっています。

さらにパソコンを使うといってもタイピングくらいの技術ですので、やり始めればすぐに身に付けられることができるし、上達も早いのが特徴です。やればやるほど稼げる在宅ワークとして人気となっています。

 

データ入力でお金を稼ぐ(SOHO)方法

データ入力は、特に必要な資格もなく、誰でもパソコンとインターネットが使えればできる作業になります。SOHO(Small Office Home Office)とも呼ばれています。

当然タイピングスキルによって稼げる効率は変わってきますが、タイピングはやっていればすぐに上達するのでまったく問題ありません。人間の適応能力って結構バカにできないですよ。一日2~3時間も打っていればすぐにブラインドタッチもできるようになります。

データ入力はネットで稼ぐというよりも、むしろインターネット上での労働に近いイメージになるので、向き不向きがはっきりしています。

タイピングが得意で、黙々と与えられた作業をこなすのが好きな方はかなりおすすめで向いています。

さらにデータ入力は自宅でできるためテレビを見ながらリラックスした状態でのらりくらりと行うこともできます。自宅でコーヒーを飲みながらコツコツ働けるのが魅力ですね。

逆に仕事にクリエイティブさを求める人にとっては苦痛な作業になります。データ入力は特に考えることはなくて、工夫といったこともあまり必要ありません。求められるのは早く正確な”作業”なので、頭を使った仕事が好きな人には向きません。

 

データ入力はどのくらい稼げるのか?

データ入力はいかに量をこなせるかが勝負になってきます。

ブラインドタッチがうまい人で大体1時間に7500文字入力できるといわれています。これだけ打てれば、一日に6時間データ入力を行うとすると、確実に月給20万は得ることができます。(私は仕事でパソコンをかなり使いますが、1時間に10000文字は入力することができます。ただしタイピング初心者でも1か月ほどやっていれば5000文字は簡単に到達することができますよ)

ただし完全に労働の対価としての報酬なので、やればやっただけ稼げるし、まったく働かなかったら一円にもなりません。そういう意味で不労所得を狙っていくアフィリエイトとは対極の稼ぎ方と言えるかもしれません。

しかしアフィリエイトと違って、やってもやっても稼げないということはなく、働いた分だけ”確実に”稼ぐことができます。これがデータ入力の大きなメリットでしょう。

そのため堅実に、そして確実にネットで稼いでいきたいという人にはおすすめです。またタイピングは知識ではなく、慣れですからやればやるだけ作業効率が高くなっていきます。そうすればこなせる仕事の量も増えていきますので、若干のスキルアップも期待できます。

ただし注意が必要なのは、定期的に案件を受け取ってこなすためにはある程度、専念して行う必要があるということです。お手軽に好きな時だけというわけにはいかない業界です。

というのも依頼者側は安定してお仕事を任せられる人にやってほしいわけです。ぽっと出てきたいつ連絡不通になるのかわからないような人には案件は回ってきません。

そのためやれば比較的割のいい働き方なんですが、真面目にコツコツ取り組める人のみ稼げる方法と言えるでしょう。

それを乗り越えれば、在宅ワークとしては最高の環境になるのがこの稼ぎ方。データ入力作業の稼ぎ方が特にいいのは、家で行えるということでしょうね。

いろいろな事情で外に働きに出れない人にとっては、自宅でできる”労働”に近いので、かなり重宝されています。

 

データ入力がおすすめな人

データ入力を行っていく上で向いている人は以下のような人です。

  • 確実にネットで稼ぎたい人
  • 単純作業に苦がない人
  • 家で働きたい人
  • 好きな時間に好きなだけ働きたい人
  • 東京で消耗している方(場所を選ばずに働きたい)

逆にこういった点が無理であったり、特に必要だと思わない人は向いてないといえます。

実際にデータ入力を行っている人は、やはり専業主婦の方が多いようです。自宅でできる効率の良い在宅ワークといったらデータ入力ですからね。まあ逆に言えば専業主婦が気軽に始められるということの証明でもあります。

そのほかにはデータ入力を専門にして、生計を立てている人などもいます。こういった人たちは会社で働くことよりも自由に生きる方法を選択した方が多いですね。私の知り合いにも何人かいます。生きるのに最低限の稼ぎがあればいい、あとは自分の好きなことをして生きていきたいという人には最適な働き方です。

自宅でできるといってもパソコンとインターネットがあればどこでもできますから、沖縄の離島だってネットができれば、稼げるわけです。実際に私の知り合いは地方に移住して、気楽にデータ入力や記事作成などをして生計を立てて暮らしています。きままにできるので幸せそうでしたね。

 

データ入力で行う作業

以下はデータ入力で行う作業の例です。

  • 名簿入力・名刺入力
  • 業種名簿入力
  • 経理伝票入力
  • 本・論文の書きうつし
  • 手書きの原稿をデータに起こす作業
  • 講演記録テープの書き写し
  • アンケートの結果等

などなど様々です。

特にテープ起こしと呼ばれる案件は高額な報酬を得られることで有名です。これは収録されている講演などの音声データを文字データに起こす作業で、1時間のテープをデータに起こす作業で大体5000円~1万円になることが多いです。

これが英語テープを翻訳して日本語にするなど、専門性が加わってくると1件につき10万円以上なんていう案件もあります。

ただしこういった案件は当然いきなり初めてできるわけではなく、ある程度実績を重ねて、信頼を得た人にのみ回ってきます。(事前に日本語や英語の試験を受けさせられるなんていうのもあります)

外国語のスキルがある方はかなり重宝されると思いますよ。

 

データ入力で稼ぐ具体的な手順・方法

データ入力で稼ぐためにはまず、専門のサイトに登録する必要があります。そういった専門のお仕事マッチングサービスを通して仕事を受注します。

1.お仕事マッチングサイトに登録する

2.サービスを利用して、データ入力の案件を引き受ける

3.データ入力作業を行う

4.データ入力が完了したら、案件の内容に従って成果物を提出する

5.報酬が得られる(口座振り込み)

といった流れになります。お仕事マッチングサイトは登録無料なので、とりあえず登録してみて、自分ができそうな案件があるかどうか見てみるといいと思います。やってみないと始まらないですからね。

こういった稼ぎ方はとりあえず行動してみて、自分に合っているか?稼げそうか?といったことを試してみるのが確実です。データ入力は仕事を始めるのにパソコンとインターネットさえあればできますからね。

お仕事マッチングサイトは色々なものがあります。

まず一番手軽に始められるものがお小遣いサイト・ポイントサイトのお仕事系の案件を行うものです。お仕事系の案件の中にデータ入力の作業があるので、それを選んで作業します。報酬はお小遣いサイトのポイントとして得られて、現金に交換できます。お小遣いサイト・ポイントサイトは匿名で登録することが出来て、登録後にすぐに始めることができますよ。

匿名で登録できるので、まずはデータ入力ってどんな感じなのか試してみたい人はこちらから始めてみることをおすすめします。ただし当然専門のサイトではないので、単価が安かったり、案件の量や種類が少なかったりするのであくまでお試しの位置づけです。

特にモッピーげん玉は中でも案件の量が多いと言われているので、登録してみてください。

お小遣いサイト・ポイントサイトの詳しい説明はこちらの記事を参照してください。

 

続いて紹介するのは在宅ワーク専門のお仕事マッチングサイトです。クラウドソーシングとも呼ばれています。今やネットで出来る在宅ワークは色々とあります。記事作成だったり、プログラミング、デザイン、資料作成など多岐にわたります。こういったサイトに登録するとデータ入力の案件も結構紹介を受けることが可能です。

やはり在宅ワーク専門のマッチングサイトなので、案件の量も多いし、単価も高いです。クラウドソーシングサイトだけで生計を立てている人も結構います。それだけ可能性がある働き方となっています。

クラウドソーシングサイトについてはこちらの記事を参照してください。

 

おすすめの在宅ワーク専門マッチングサイト(SOHO)

おすすめの在宅ワーク専門のマッチングサイトは「在宅ワーク!─情報ステーション」です。

こういったお仕事紹介サービスは上記のクラウドソーシングサイトなど多々ありますが、データ入力の案件が少なかったり、結局記事作成だったりと「データ入力」というカテゴリーから外れることが多いです。

しかしこの情報ステーションは「データ入力」専門の業界大手サイトになっています。

情報ステーションで仕事を受注する流れは以下の通りです。

data-entry01

まずは登録して、案件を確認してみましょう!!登録だけならいつでも無料で手軽にできますよ。データ入力を専門にして在宅ワークで働きたいという方におすすめです。

実際私の知り合いのデータ入力で生計を立てている人もこのサービスを利用していました。担当者がとても親切で、初心者にもやさしいのが売りです。

登録はこちらから↓

 

データ入力で稼ぐコツ

データ入力で稼ぐコツはもうこれしかありません。

  • 正しく・正確に入力する
  • ブラインドタッチを身に付ける
  • タイピング速度を向上する
  • インターネットを使って調べる癖をつける

入力スピードは稼げる額に直結します。そのたえブラインドタッチは必須です。

しかも”正しいブラインドタッチ”です!

実はブランドタッチが出来ていると思ってる人でも、妙な癖がついていたりします。それで正確にかつ早くタイピングできればよいのですが、大抵の場合、その癖が邪魔をしています。

一度自分のタイピングを見直してみるのもいいかもしれません。

またデータを正確に入力することは、依頼者の信頼に繋がってきます。適当な作業者には当然次はありません。この仕事で長期間やっていきたいならば誤字脱字には気を付けましょう。またミスの予防には適度な休息が必要です。正確な入力には休むことも必要なので、意識して休憩をとりましょう。

 

まとめ

在宅ワークとして行うデータ入力の稼ぎ方を紹介しました。

データ入力は特別な資格など必要なく、誰でも気軽にやる気さえあれば稼げる分野になっています。アフィリエイトなどと違って働いた分はきちんと報酬がもらえますので、確実に稼ぐことができます。

堅実にコツコツとネットで稼ぎたいという方はぜひ試してみましょう!
□【中級編】NEXT

記事作成(クラウドソーシング)で稼ぐ方法

関連記事

 

 

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。