1. ホーム
  2. 動画を投稿して稼ぐ
  3. ≫動画(Youtube,ニコニコ動画)を投稿して稼ぐ方法~好きなことで生きていく道標

動画(Youtube,ニコニコ動画)を投稿して稼ぐ方法~好きなことで生きていく道標


youtube

動画(Youtube,ニコニコ動画)を投稿して稼ぐ方法~好きなことで生きていく道標

「好きなことで、生きていく」

CMでこんなキャッチコピー見たことないですか?

そう世に言うYoutuberと呼ばれる人たちを表した言葉です。

Youtuber(ユーチューバー)と呼ばれる人たちは、動画投稿サイトであるyoutubeに自分で作成した動画を投稿して、その閲覧数に応じて手にできる広告料で生きている人たちです。近年では子供の将来の夢ランキング上位に食い込んでくるほど人気が高い稼ぎ方です。

このように最近人気になってきたネットでお金を稼ぐ方法として動画を投稿して稼ぐという方法があります。当たれば一攫千金、自分の好きなことを投稿して稼ぐことができるという夢のような稼ぎ方ですが、その実情はどうなのでしょうか?

 

動画を投稿してお金を稼ぐ方法

動画を投稿してお金を稼ぐには基本的にyoutubeに動画を投稿して稼ぎます。日本独自の進化を遂げたニコニコ動画への投稿でも稼ぐことができます。

なぜyoutubeに動画を投稿するとお金が稼げるのか?と思う人もいるかもしれません。

実はyoutubeには、投稿した動画が閲覧されると、その動画の投稿者に報酬が出る仕組みがあるんです。その報酬額は変動しているのですが、大体1再生で0.1円ほどです。

つまり10万回再生されると、約1万円になります。これが高いと感じるか低いと感じるかはかなり分かれるところですね。実際10万回再生される動画はなかなか素人では難しいにもかかわらず、その動画が投稿できたとしても1万にしかなりません。

しかしyoutuberと呼ばれる人たちの中には、月に300万円以上稼ぐ人もいることも事実です。ヒカキンさんなどが有名ですね。こういった人たちはたくさの動画を投稿して、閲覧数のボリュームを増やしていくことで稼いでいるというわけです。

そのため人気のある動画や、面白い動画のアイデアがたくさんあるという人には、夢のある稼ぎ方かもしれません。なんといっても閲覧数を稼げる動画を投稿すれば投稿するほど稼げる額が上がっていくんですから。

「好きなことで、生きていく」まさにこれだと思います。

 

動画投稿で稼ぐ方法のメリット

成功すれば不労所得になる

面白い動画が出来れば、それが閲覧される限り収入が発生します。これはどちらかというと本の執筆に近いかもしれません。本を出版すれば、売れる限り印税として収入があります。それと同じで投稿した動画の需要がある限り報酬は発生し続けるのです。

世にいうyoutuberと呼ばれる人は、面白い動画を続けて投稿していきますから、どんどん収入が増えていくわけです。当然、過去の動画は時期が過ぎれば閲覧数が落ちていくのが普通ですが、人気の動画というのはなかなか廃れないものです。

難しい知識が必要ない

動画を取るのに難しい知識は必要ないです。アイデアがあればいくらでも動画を作成することができます。

一昔前まではビデオカメラなどの高価な機材がなければまともな動画は撮れませんでしたが、最近ではスマホ一台あれば動画が撮影可能ですからね。必要なものはアイデアとスマホのみです。

いつでもどこでも動画の作成が可能となります。

何より楽しい

やっぱりこれじゃないですかね。youtuberと呼ばれる人たちはみんな楽しんで動画を投稿しています。自分の好きなことを配信して、収入が得られるなんて、素晴らしいですよね。

ゲーム動画を投稿している人は、自分の好きなゲームを極めることが閲覧数を増やす近道ですし、英語の動画を作成している人は英会話が好きな人です。

好きなことで生きていく・・・こんなに素晴らしいことはありません。

 

動画投稿で稼ぐ方法のコツ

動画で稼ぐためにはいくつかコツがあります。当然何にも面白くない動画を投稿しても、誰も見てくれません。

人気のある動画はいくつかのパターンに分類されます。

 

①動画自体が面白い

基本パターンです。一目見ただけで、面白い!という動画です。ものすごいパフォーマンスやだれもやったことがないことなどがそれにあたると思います。

私が好きなのは、試してみたシリーズの動画です。例えばメントスをコーラに入れるとどうなるか・・・こんなことを実際に試してみちゃう動画です。あとは100万円分の宝くじを買うといくら当たるのかといった、誰もが気になるけど試せないことを実際にやっちゃうんです

見てみたいけど自分ではなかなかできないことを実演してくれているユーチューバーたちは本当にすごいですね。人気が出るのもわかります。ただし面白い動画を作るにはそれなりのアイデアと元手が必要となります。それ以上に稼げればいいんですけどね。

ちなみにヒカキンやはじめしゃちょーがこの分野ではトップと走っています。最近は動画閲覧の単価がピーク時に比べて大分下がってしまったのですが、はじめしゃちょーで年収1500万円くらい、ヒカキンで年収1800万円ほどといわれています。

 

②役に立つ動画

見ている人にとって役に立つ動画です。例えば英会話の動画をアップしているバイリンガールさんなんかがこれにあたります。英会話は現在かなり需要があるので、それを学べる動画は非常に有用なのです。

化粧の仕方を中継している動画などもありますね。こういったシリーズはとても女性には人気ですね。

 

③投稿者のブランド化

人気の動画をどんどん投稿し、投稿者がブランドとなったパターンです。youtuberの王道ですね。

「この人がやるから面白い」と思われるようになった人たちです。ヒカキンさんやマックスむらいさんなんかがそうですね。

マックスむらいさんは、自身がゲームをやっている動画を投稿して人気が出ました。芸能人のブログのようなイメージでしょうか。ファンではない人が見ても普通のことが書いてあるだけなんですが、ファンが見ると面白い。

 

まとめ

動画を投稿してお金を稼ぐ方法を紹介しました。

この方法は投稿する動画の面白さにかかっています。そのため人気の動画を投稿するためには何か光るものが必要になります。

しかし一度人気が出ると安定して閲覧数を稼げるため夢のある稼ぎ方といえるでしょう。ちなみに小学生のなりたい職業ランキングで堂々の第一位です笑。

□【中級編】NEXT

情報商材・有料記事で稼ぐ方法

 

関連記事

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。