1. ホーム
  2. 資産運用で稼ぐ
  3. ≫資産運用・投資でお金を稼ぐ方法~お金がお金を稼いで不労所得を得る!

資産運用・投資でお金を稼ぐ方法~お金がお金を稼いで不労所得を得る!


お金を持つものだけに許される錬金術、それが資産運用・投資でお金を稼ぐ方法です。資産運用はお金がお金を稼いでくれるという夢の錬金術なのです。

一昔前までは資産運用=金持ちのやることでした。確かにその通りで、ある程度まとまったお金がなければ銀行や証券会社は相手にしてくれません。

しかし現在ではインターネットの発達に伴い、私のような庶民でも少額から資産運用で稼ぐことができるようになりました。ネットを使えば家にいながら資産運用が可能なのです。

資産運用とは、自分の資産を株式や債券などに投資して、その運用益によって稼ぐ方法です。しかし当然資産運用にはリスクも伴います。投資した資産が目減りする元本割れの可能性もあります。

ただしリスク以上に稼げる可能性が大きいのも資産運用の特徴です。私の場合はネットで稼いだお金を資産運用に回すという方法を行っています。お金を稼いだら、お金が稼いでくれる。これが資産運用の最大の魅力です。

このページでは資産運用でお金を稼ぐ方法を紹介します。

このページでは資産運用・投資に関する記事をまとめて紹介しています。

資産運用・投資を行う上で必要な知識や心構えから、稼げる仕組み・稼げる方法を色々と載せていますので参考にしてみてください。気になったものはその詳細を記載したページへのリンクを貼っていますので、そこから学んでみてください。

資産運用は本業で忙しい方でも将来の資産形成に向けて確実に必要な知識となります。いまからコツコツと始めておけば将来的に一攫千金も夢ではないですよ!

 

資産運用でお金を稼ぐ方法

資産運用は保有している現金などの資産を色々なものに投資して稼ぎます。

その投資先は例えば、株や預金、債券、外国通貨など様々です。

投資は昔からある稼ぎ方ですが、一昔前まではお金持ちだけに許される稼ぎ方でした。その理由はある程度まとまったお金を投資しないと銀行や証券会社が相手にしてくれなかったからです。

しかし現在ではインターネットが発達し、ネット上での電子取引が解禁され、少額からの投資が可能になりました。

現在では極端なことを言えば1000円からでも資産運用が可能です!

もちろんリターンが大きいものはそれだけリスクが伴います。ハイリスク・ハイリターンと呼ばれるものですね。しかし慎重にリスクを選んでいけば、大きなリターンが期待できます。

 

また大きなリターンを期待しなければ、比較的安全な投資信託などでリスクを最小限に抑えながら資産を少しづつ増やしていくことも可能です。”少し”といっても投資する金額が大きければその分、稼げる金額も増えていきますから最終的に不労所得だけで生活することも可能なのです。

それでは具体的な投資先を見ていきましょう

 

①預金金利でお金を稼ぐ

資産運用の中で最も安全なのが、預金金利で稼ぐ方法です。これは誰でも知ってる方法ですよね。あまりに金利が低いので普段は意識していないかもしれませんが・・・(笑)

預金金利は銀行に預けているだけで金利が貰えます。銀行が潰れない限り、預けた資産が減ることはありません。なぜ預けるだけで金利が貰えるかというと、実は銀行にお金を預けるという行為は間接的に投資をしていることになるのです。

どういうことかというと、銀行はみなさんの預金を元手にして、企業に融資したり、住宅ローンなど個人向けに貸出しを行っています。それらの貸出金利がみなさんに還元されているのです。だから投資なんて無関係と思っているかもしれませんが実は身近なのですね。

ただしこの超低金利時代、普通預金で預けていてもほとんどお金は増えません(笑)。大手銀行の普通預金金利は現在、年利0.001%です。年利0.001%というと例えば100万円預けたとして、一年後に10円増える計算です(笑。

いや10円って・・・

実はバブル期などは普通預金で2%、定期預金だと8%などの金利商品がざらにあったそうです。それがいまや0.001%ですから、困ったもんですね。まあ預金金利で稼ぐ方法はおまけくらいに思ってましょう。

しかし普通よりお得な金利で預金を行える方法があることをご存じでしょうか。それはネットバンクの利用です。ネットバンクでは大手銀行の20倍ほどの金利のところもあるので、気になる方はこちらの記事を参照してください。

 

②株式・債権投資でお金を稼ぐ

いわゆる株や債券を買って、その買った株や債券が値上がりした際に売り、その差益を狙う稼ぎ方です。

株は平日ならば需要と供給によって毎日株価が変動するので、その値動きを予想して投資するわけです。デイトレードのような短期売買から、長期保有による株式投資までその手法は様々です。

デイトレードは買って(売って)、値上がりしたらすぐに売る(買う)手法です。ほとんどの場合、保有株を翌日に持ち越すことはありません。(手法によって一定期間保有するものもあります)

信用取引と言って、自身の保有資産以上の株を買って、大きな利益を得ている人もいます(当然リスクも大きいです)

長期保有の場合は、目先の値動きに一喜一憂しないで、気長に待つ方法です。一般的なポートフォリオで10年以上株式を保有すれば、損することはほぼないと言われています。そのため長期投資は、安全に資産を増やしていきたいという人に向いています。

 

③投資信託でお金を稼ぐ

投資したいけど、どんな株を買っていいかわからない!という人には投資信託がおすすめです。

投資信託は、証券会社などに資産運用をお願いする方法です。資産を預けて、証券会社のプロのトレーダーが代わりに運用してくれるのです。

当然、プロのトレーダーが資産運用を行ってくれるので手数料が取られます。しかし投資の素人であれば自分で行うよりは稼げる可能性が増すため、投資信託は資産運用の中でも登竜門といえます。

そしてまったくおまかせではなく、投資する商品や、ポートフォリオ(資産配分のようなもの)やリスクレベルは自分で選ぶことが出来ます。

投資をしたことがないけど、手元にある資産をいかしたいという人はぜひ試してみましょう。

 

④不動産・純金・原材料でお金を稼ぐ

資産運用で投資する商品は株や債券だけではありません。

不動産投資で稼ぐ方法や、純金を買う投資もあります。基本的な仕組みは同じで、毎日変動するものの値段を予測し、値段が低いときに買って、値上がりしたときに売ればその差益が儲かります。

しかしこういった商品は知識がないとわかりずらいものが多いので、投資初心者は手を出さないほうが無難です。

 

まとめ

資産運用でお金を稼ぐ方法を紹介しました。

一昔前までは資産運用はお金持ちにだけに許される錬金術でしたが近年では、少額からでも始められるため投資の人気が高まっています。特に本業で忙しい方は自信の資産を増やすために投資を検討してみてください。

手元の資産を何かに生かしたいと思う人はぜひ挑戦してみましょう。

 

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。