1. ホーム
  2. 資産運用で稼ぐ
  3. FX
  4. ≫おすすめFX業者・口座の選定方法は?基本はスプレッドと安定性で大手を選ぶ!

おすすめFX業者・口座の選定方法は?基本はスプレッドと安定性で大手を選ぶ!


おすすめFX業者・口座の選定方法は?基本はスプレッドと安定性で大手を選ぶ!

FXを始めるためにはまずFX口座を作らなければなりません。FX口座は銀行口座のように、取引を代行してくれるFX業者に作って取引を行います。

しかし巷にはFX取引業者が星の数ほど存在していて、初心者はどれを選べばいいかわかりません。(実は初心者は一番大手を選んでおけば間違いないのですが)このページではおすすめのFX取引業者の選定方法・基準を紹介します。

若手の虎

まずはFX取引業者を選ぼう!

FX取引業者・口座の選定方法

FXを始めるためには取引を代行してくれるFX業者を選定して、そこに口座を作る必要があります。

口座といっても銀行預金のようなものではなく、自分の資金をそこに入れて、その金額の範囲内で取引を行う場所のようなものです。

一つ注意としては、FX口座は20歳以上でなければ作ることができません。未成年はダメってことですね。考えてみれば自分の行動にまだ責任が取れない未成年は手を出さないほうがいいですよね。

 

FXの口座開設にはクレジットカードのような与信審査はなく、よほど申請内容に問題なければ例え無職であろうと開設することができます。

しかし探して見るとわかると思いますが、FX業者というのは国内業者だけでもかなり多く存在しています。そのためどの業者を選べばいいか迷ってしまいます。

なんでもそうですが、基本的に国内の大手業者を選んでおけば間違いないです。その理由はこれから説明しますが、初心者であればなおさら国内の大手業者を選択しましょう。

 

FX業者を選定する基準は以下の通りです。

①国内の大手業者を選ぶ

②取引手数料(スプレッド)が低いところを選ぶ

③小額の取引が可能なところを選ぶ

④口座開設キャンペーンなどのキャッシュバック金額が大きいところを選ぶ

⑤トレードツールが使いやすいところを選ぶ

はっきりいって一番重要なのは①です。あとは多少の好みで選んでいくといいでしょう。

 

①国内の大手業者を選ぶ

初心者は必ず国内の大手業者を選んでください。というよりも特別な理由がない限りは国内の大手業者が一番サービスレベルが高いです。

これは家電でも車でも同じですよね。例えばパソコンの初心者がパソコンを買うとしたら、必ず国内の大手家電メーカーを勧めます。それと同じです。

実はFX業者・口座を選ぶ上で、一番重要な要素はシステムの安定性と困ったときのアフターフォローです。

システムというのは何か事件があると止まったりします。常に動いているシステムなんてどこにもありません。

そのため有事の際に、システムが停止しなかったり、復旧が早かったりする安定性の高さは非常に重要なのです。

例えばFXにおいては通貨が暴落したりすると、取引量が増大し、その負荷にシステムが耐え切れずにダウンしてしまうことがあります。システムがダウンして取引できないと、その間に通貨が暴落を続けて、気付いたら膨大な損失を抱えていたなんてことも起こります。

【参考記事】FXのリスクをきちんと理解しよう!下手すると破産する可能性も!?

よくよくFX業者の取引約款を見ればわかりますが、例えシステムがダウンして取引できなかったとしてもFX業者はその損害を補償してくれません。そのためシステムが安定的に稼動しているというのはFXにおいて一番重要なのです。

そしてシステムが安定的に稼動しているのはやはり国内の大手FX業者です。

基本的に大手の業者は中小の業者より資金が潤沢にあります。さらに大手はそれだけ多くのユーザーの厳しい監視の目にさらされているのでサービスレベルも高くなります。

そのためシステム基盤への投資はきちんと行っています。結局システムというのはお金をかければかけるほど安定的に稼動できるのです。

 

次に国内の業者を選ぶ理由ですが、これも家電や車における国産メーカーと海外メーカーの違いに集約されます。

実は海外FX業者のほうがレバレッジが国内業者よりも高く設定できたりするメリットもあるんですが、レバレッジをより高くするなんて初心者にとってリスク以外の何者でもないですからやめたほうがいいです。

そして海外FX業者はやはりトラブル時の対応が相当悲惨です。

FXで安定的に稼ぐために一番必要なのはトラブルを避けること、そしてたとえトラブルが起きたとしても予期せぬマイナスを発生させないことです。

そういった意味でトラブル時の対応が比較的手厚い日本国内のFX業者を選ぶのが最も効率的なのです。

 

②取引手数料(スプレッド)が低いところを選ぶ

初心者は基本的に国内の大手業者を選んでおけば、あとは好みの問題です。

ここから説明する②以降のFX業者選定方法は、国内の大手FX業者であればそこまで差が有りません。やはり大手ですから、他業者のサービスレベルと比較してそこまで劣るということはほぼありえません。

例えば同じ金額のSONYとPanasonicのテレビの性能がそこまで違わないのと同じ話です。

そのため参考程度に知っておいてください。

 

FX業者は1回1回のユーザーの取引から取引手数料を徴収して利益を得ています。

ただ取引手数料としてお金を徴収しているところはほとんどなく、スプレッドという形で徴収しているところがほとんどです。

スプレッドとは、ある通貨を購入する際の買う金額と売る金額の差のことです。

どういうことかというと、FXをはじめてみるとすぐにわかると思いますが、例えば同じタイミングでもドルを買うのと売るのでは必要な金額が異なります。

そのため、100ドルを買って、すぐにその100ドルを売ったとしても買った金額が戻るわけではなくスプレッドの差分だけ戻ってくる金額は低いです。この金額の差分あ取引手数料としてFX業者に徴収されています。

つまり儲けるためにはスプレッドの金額以上の儲けを出さないといけないことになります。

そのため当たり前ですが、取引手数料にあたるスプレッドは低いほうがいいのです。

 

③小額の取引が可能なところを選ぶ

これは初心者専用の選定項目です。

初心者は最初は小額の取引から始めたほうがいいのは言うまでもありません。これは慣れるまでは絶対です。

いきなり大きな金額の取引を行って、大きな損失を出したらすぐにFXから退場なんてことになりかねません。

しかしFX業者は最低取引単位というのを定めていることが多いです。例えばドル円であれば最低1000ドル単位からといった感じです。1ドル100円でレバレッジをかけないとすると10万円からの取引ということになりますね。

この最低取引単位はFX業者ごと、通過ごとに決まっています。

ただしこれも大体の大手FX業者が同じなので、あまり決定ポイントにはなりません。ドル円でいえば1000ドル単位であることが多いです。

そのため逆に1万ドル単位など、1000ドルでの取引が行えない業者ははじくといった感じで消去法的に使うようにしましょう。

 

④口座開設キャンペーンなどのキャッシュバック金額が大きいところを選ぶ

よくFX業者は口座開設キャンペーンを行っています。

口座を開設して、その口座に入金後一定量以上の取引を行えば2万円キャッシュバックされるなどのキャンペーンです。

こういったキャンペーンはFXを始める上で動機付けとなるので積極的に利用しましょう。

例えば大手の中で一番キャッシュバック金額が大きいところを選ぶというのも一つの方法だと思います。

利用しないのはもったいないので、きちんと口座開設キャンペーンの内容も確認しましょう。

 

⑤トレードツールが使いやすいところを選ぶ

トレードツールとは上記画像のような取引を行う画面のことを呼びます。

画面上で色々な指標を表示したりすることができます。

FXを始めたばかりの頃は、大まかなトレンドをつかんで取引すればいいと思いますが、中級から上級者になるためには、テクニカル分析やファンダメンタル分析といったものが必要になります。

トレードツールは当然それぞれのFX業者が用意しているものなので、細かな違いがあります。そのためこのトレードツールが使いやすいものを選ぶといいでしょう。

といっても基本的には大手の国内FX業者であれば、基本的な分析指標などは用意されているので、そこまで差が有りません。

これも好みでデザインが好きなどの理由で選ぶのがいいと思います。

 

管理人おすすめのFX業者

それでは具体的に管理人おすすめのFX業者を紹介していきます。

ここで紹介するFX業者は上記にあげた選定ポイントをすべて充足しているので、正直何も考えずに1位を選んでもらえればまったく問題なく取引が行えますよ。

FXは業者選びよりも「まずはじめてみること」、そして「相場を読む力をつけること」のほうがよほど重要です。業者で悩んでる暇があったらさっさと取引しちゃいましょう。

管理人もメインとして使用!!
DMM.com証券
5
取引コスト手数料無料
レバレッジ最大25倍
取引単位10,000単位通貨
モバイルAndroid, iPhone
通貨ペア20通貨ペア
DMM.com証券

DMM.com証券(DMMFX)は、国内口座数第1位で業界最狭水準スプレッドのFX会社です。現在私がメインで使っているのもDMM FXです。DMM FXのトレードツールはかなり充実していて初心者から専業トレーダーまで満足のいく内容になっています。モバイル取引ツールも充実しており、いつでも取引可能なのが魅力です。

というよりも国内口座数No.1ということは人気No.1です。初心者はまずみんなが使っているものを使うのが安全、安心です。これ以上の理由はありません。

まとめ

色々と書きましたが、初心者は基本的に大手の国内FX業者を選んでおけば間違いないです。

テレビを買うときにSonyやPanasonicを選んでおけばそんなに外さないのと同じ理由です。

特にFXではシステムの安定稼動とアフターフォローが一番大事になってくるので、その辺がしっかりしている大手国内業者であれば問題ありません。

あとはトレードツールの管理画面が使いやすいなどの好みで決めましょう。

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


FX

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。