1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫LINEでお金を稼ぐ方法~スタンプや情報発信で稼ぐ!

LINEでお金を稼ぐ方法~スタンプや情報発信で稼ぐ!


line02

LINEでお金を稼ぐ方法~スタンプや情報発信で稼ぐ!

いまや日本で一番使われているメッセンジャーアプリのLINE。ほとんどの人が使ってますよね。

それだけに実はLINEでお金を稼ぐ方法があるのです。もちろん簡単な方法ではないですが、稼げるようになると信じられないほどのお金を手に入れることができます。

さらに最近はLINE@という新しいサービスも登場して、ネットでお金を稼ぐ方法の効果を最大限高めてくれます。

 

LINEはものすごい影響力を持っている

line03

LINEはいまや日本におけるメッセンジャーアプリのデファクトスタンダードになっています。

その証拠に最近のアクティブ利用者数は4300万人を超えていて、ほぼ2人に1人の割合でLINEを使ってることになります。

LINEでは「LINE NEWS」などでニュースも配信しているので、総合メディアアプリへと進化しつつあります。今後もLINEの勢いは止まらないでしょうね。

そしてこれだけの利用者がいるわけですから、LINEの影響力はものすごいものがあります。アクティブ利用者数が多いということはそれだけビジネスチャンスが隠れているわけです。

LINEというのは利用者から見ればただのメッセンジャーアプリというイメージが強いかもしれませんが、ビジネス面から見るとものすごいチャンスがあります。毎日4300万人のお客が来るお店に例えるとわかりやすいでしょうか。

それだけいまのLINEは稼ぐチャンスがあるのです。

 

LINEでお金を稼ぐ具体的な方法

それでは具体的にLINEでお金を稼ぐ方法を紹介していきます。

LINEでお金を稼ぐ方法は大きく2つです。それは「LINEスタンプの販売」と「LINE@」の利用です。

 

LINEスタンプの販売でお金を稼ぐ方法

line04

LINEで誰もが販売できるもの、それは「LINEスタンプ」です。

LINEを使っていればLINEスタンプは誰もが使ったことがありますよね。

日本が世界に発信した「絵文字」はいまや世界で大人気になっています。絵文字のような言語は日本語の成り立ちと非常に深くかかわっているのですが、日本はこのような記号で意味を表すのが得意ですよね。

そして生み出されたスタンプ。これだけで何十文字分もの意味を表せるのですから、もはや発明といえるでしょうね。スタンプは今後世界に向けてもビジネスチャンスがあると思っています。

そのためLINEスタンプを作って販売することができると、ビジネスチャンスは大きく広がります。しかもLINEスタンプは誰でもノーリスクで販売することができるので、やってみる価値はありますよね。

「えーLINEスタンプって絵がうまくなきゃ作れないんでしょ」

という声が聞こえてきそうですが、実はそうでもありません。絵心がない人が作ったスタンプが「なんか味がある」といって爆発的に売れたこともあります。

このようにLINEスタンプは”何が売れるかわからない”のです。

 

LINEスタンプは最低限のガイドラインに沿っていれば、なんでも販売することができます。当然他人の作ったものをまねたり、人を不快にさせるようなものはNGです。

しかし逆にいえばそれ以外はなんでもOKですから、アイデア次第でいくらでもチャンスはあるのです。

さらに最近では、絵の得意な人にココナラなどのクラウドソーシングなどを使って、代わりに作ってもらうこともできます。自分は「こういう感じで作って」とアイデアだけ伝えれば安いところで500円ほどでデザインを仕上げてくれます。

またスタンプを代わりに作ってくれるサービスもあります。以下のスタンプクリエーションなどが有名ですね。



そうして作ったスタンプを一つ50円で売ったとすれば、10個売れればもう元が取れます。そこからは売れたら売れただけ儲けになるので、うまくやれば夢のある稼ぎ方になります。

ただしLINEでスタンプを売ることは結構難しいです。何が売れるかは神のみぞ知るといった感じでしょうか。私も一度ココナラでデザインを作ってもらって、販売したことがありますが、ほとんど売れなかったですね笑。まあ試しにやってみたくらいで本気ではなかったのですが・・・

ただしうまい人はLINEスタンプの販売で大金を稼いでいますから、売れるものを作れる人であれば、本当にすごい稼ぎ方です。上記のスタンプ制作代行会社に本格的に作ってもらえば、売れる可能性は高まります。

 

LINE@で情報発信して稼ぐ方法

LINEがリアルでの知り合い同士のメッセージのやり取りであるのに対し、LINE@は情報発信やビジネスに活用できるサービスです。

LINEのアカウントを持っていれば誰でもLINE@のアカウントを作ることができます。ビジネス用のアカウントといえばわかりやすいでしょうか。LINE@のアカウントと友達になることは有名人のTwitterアカウントをフォローする感覚に近いです。

LINE@のアカウントで友達を増やせば、ボタン一つでLINE@アカウントの友達にメッセージを送ることができます。これは強力な広告ツールとなります。

さらに通常のLINEと同様に1:1のメッセージのやり取りもできるので、ファンのフォローも簡単に行えます。例えばブログでお金を稼いでいる人が、新着の記事をLINE@で配信すれば、その記事の閲覧数が増えますし、その記事に対する質問などもLINE@でやりとりすることができます。

ブログで稼ぐというのは、個人のブランド化が大きな効力を発揮するので、そのブランド化を助けるツールとしてLINE@は非常に有効です。

また例えばアフィリエイトを行っている人であれば、メルマガの感覚で情報を発信して、自信のサイトや情報記事に誘導することができます。LINE@は強力な集客ツールにもなるのです。

そしてリアルでお店をやっている人であれば、クーポンなどを配信して集客を増やすことが可能です。

このようにLINE@はまだまだ生まれたばかりのサービスですが、利用の方法はいくらでもあります。これから新しい使い方がどんどん生まれてくるでしょうね。

LINE@のアカウントは当然無料で作れるので、利用方法が見つからない人もとりあえず作っておくといいでしょう。

 

まとめ

LINEを使ってお金を稼ぐ方法を紹介しました。

LINEの利用者数は全世界で増加していて、ビジネスチャンスは広がっています。そこで日本人の得意とするLINEスタンプを販売することができれば大きな収益が発生します。

LINEスタンプは材料費がかからないので、売れたら売れただけ儲かる商売でリスクがありません。こんな理想的なビジネス環境はないですよ。

絵が得意ではない人はクラウドソーシングやスタンプ制作会社に、スタンプ制作を依頼してもいいと思います。もちろんこの場合はお金がかかります。

ただLINEスタンプが売れた際には、製作費などすぐに取り返せるレベルの収益が発生するので、試してみてもいいかもしれませんね。何が売れるかわからない世の中なので、絵が下手な方が有利かもしれませんよ笑。

 

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。