1. ホーム
  2. 資産運用で稼ぐ
  3. ≫株を保有して株主優待で稼ぐ方法~商品やサービスを無料で利用!?

株を保有して株主優待で稼ぐ方法~商品やサービスを無料で利用!?


株主優待という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

実は日本株を買うと、その購入した株券の企業から特別優待を受けられることがあるのです。

基本的に株式を保有することで得られるのはその配当金ですが、飲食店や商品販売を行っているような企業であれば株主優待券という形で、その投資した企業に関連する商品やサービスを無料で購入することができます。

海外の株や投資信託では株主優待は受けられません。これは日本株特有のものです。

例えば吉野家ホールディングスの株であれば、吉野家の牛丼をただで食べられる優待券をもらえるといった具合です。東急や小田急の株であれば、電車やバスの無料利用券がもらえます。

この株主優待では、投資額に応じてどのくらいの優待を受けられるかを示す「優待利回り」という指針があり、中には優待利回りが年利10%を超えるようなものもあります。株主優待とは言えど年利10%を超えるような運用はなかなか難しいですよ。

よく利用するお店があるという人は、この株主優待を目的に株式を購入する人もいます。中には株主優待券だけで食費を賄っている強者もいるとか・・・

株主優待券を手に入れても、自分で使わないようなものだったらヤフオクやメルカリなどのネットオークションで売ってしまえば現金化もできますし、株主優待券は株価の動きや配当とは別にしてもかなりお得なのです!

 

株主優待の受け方

株主優待券をもらう方法は簡単です。

証券会社を通してその企業の株式を購入するだけです。このわかりやすさが株主優待のいいところでもあります。

ただし一つ注意があって、株主優待を受けるにはその株式の単元株数を保有する必要があります。基本的に購入数する株式数が多ければ多いほど、受けられる優待も大きくなりますが、その優待を受けられる最小の株式数が単元株数です。

例えば単元株数が100である株式ならば、最低でも100株購入しなければ優待は受けられません。例えば吉野家ホールディングスであれば1単元株(100株)を持っていれば年間6000円分の優待券がもらえます。

ただし2単元株(200株)持っていれば12000円分の優待券が貰えるかといえばそうではありません。12000円分の優待券をもらうためには10単元株(1000株)保有する必要があります。

基本的にはこの単元株数と優待の関係は企業が決めているので購入する株によって変わってきます。一般的には最初の優待をもらえる単元株数は、購入を促進するために低く抑えてある企業が多いですね。

そのため一番効率の良い株主優待の受け方は、最低単元株を色々な企業で購入することです。また裏ワザ的な方法として家族の証券口座を利用するという方法もあります。自分で2単元株買っても1つしか優待を受けられないものでも、2人で2単元株買えば2つの優待を受けられます。

 

そして気を付けたいのが「権利付け最終日」です。株主優待を受けられるのは、この権利付け最終日に保有している株式数に応じて配分されるからです。

そのため特定の日に単元株数を購入しても、すぐに売ってしまえば優待を受けられません。

逆にいえば権利付け最終日に株式を購入して、権利付け最終日が過ぎてから売れば問題ありません。ただしこういう買い方する人はほとんどいませんけどね。(色々なルールがあるので実際には難しいです)

 

お得な株主優待券の例

株主優待券の単元株やその内容は年々変わりますのであくまで参考にしてください。

□吉野家ホールディングス(飲食券)

権利確定日 2月・8月
単元株数 100
株価 1800円前後
配当金 20円
配当利回り 1.1%
優待利回り 3.3%

(2017年の内容)

吉野家で使える、1枚で300円のサービス無料券(×年2回)
・100株 … 10枚(3,000円分)
・1,000株 … 20枚(6,000円分)
・2,000株 … 40枚(12,000円分)

1株の値段が約1800円ほどで単元株が100株なので、18万円ほど投資することで、年間6000円分の優待券が貰えます。気の長い話ですが30年保有すれば、例え株価が0円になったとしても確実に元は取れますね(笑)

 

□小田急電鉄(交通)

権利確定日 3月・9月
単元株数 100
株価 2200円前後
配当金 20円
配当利回り 0.88%
優待利回り

(2017年の内容)

保有株数によって以下の内容(×年2回)
 ・500株 … 小田急線全線優待乗車証(回数券式) 4枚
   ・1,500株 … 小田急線全線優待乗車証(回数券式) 10枚
 ・2,500株 … 小田急線全線優待乗車証(回数券式) 20枚

500株(約110万円)分購入して、ようやく回数券が4枚もらえるので若干厳しめですね。交通系が好きな人は購入する感じです。

 

□オリエンタルランド(娯楽)

権利確定日 3月
単元株数 100
株価 7600円前後
配当金 40円
配当利回り 0.53%
優待利回り 0.97%

(2017年の内容)

東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで利用できる1日パスポート券
・100株 … 3月に1枚(年間1枚)
・400株 … 半年ごとに1枚(年間2枚)
・800株 … 半年ごとに2枚(年間4枚)
・1,200株 … 半年ごとに3枚(年間6枚)
・2,000株 … 半年ごとに5枚(年間10枚)
・2,400株 … 半年ごとに6枚(年間12枚)

76万円ほど投資すれば年間1枚のパスポートが貰えます。ディズニーランド好きなら保有していてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

株式を購入する隠れたメリットである株主優待を紹介しました。

株主優待はそれだけが目的で株式を購入する人もいるほどお得なものが多いです。もちろん株価の値下がりによって優待券以上の損失を出す可能性もありますが、それ以上の価値を生むこともあります。

特に株主優待は企業応援という意味合いが強いので、自身のお気に入りの企業であれば短期ではなく長期保有することにより、目先の株価の変動に一喜一憂せずに、株主優待を楽しむのがいいと思いますよ!

ぜひ試してみてください!

 

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。