1. ホーム
  2. アフィリエイトで稼ぐ
  3. ≫相互リンクに適したサイト、効率よく相互リンクを獲得する方法まとめ

相互リンクに適したサイト、効率よく相互リンクを獲得する方法まとめ


アフィリエイトサイトを作る上で避けて通れないのが、SEO対策、中でも相互リンクの獲得です。

相互リンクはがむしゃらに行えばいいというものではありません。当然のことですが、相互リンクの効率の良いやり方がありますし、意味のある相互リンクを行う必要があります。

相互リンクの承認率は約20%と言われています。5件依頼して、1件でも相互リンクしてもらえれば成功といえる世界です。

このページでは相互リンクサイトの正しい選び方と効率の良い相互リンクサイトの見つけ方を解説します。

相互リンクサイトの選び方

相互リンクの効果は被リンクしてもらえるサイトのパワーによって効果が異なってきます。

当然Googleのページランクが高いサイト(ドメインオーソリティの強いサイト)から被リンクされてほうが効果が大きいです。

このように相互リンクを依頼するサイトは、できれば慎重に選んでいきたいところです。そのときにポイントなるのは以下のような点です。

①ページランクの高いサイト

これは冒頭でも記載しましたが、ページのパワーが強い(=検索順位が高い)サイトから被リンクを受けたほうが相互リンクの効果が圧倒的に高いです。

そのため基本的には、可能であるならば検索順位の高いサイトから相互リンクの依頼を送っていくのが効率的です。

ただし・・・検索順位の高いサイトというのはすでに相互リンクをしなくても十分にドメインのパワーを持っているので、相互リンクを承認してくれる可能性はかなり低いと思ってください。

作りたての弱小サイトが、検索順位の高いサイトに相互リンクの依頼をするのは、ネズミがライオンに協力を依頼するようなもので相手にされないことが多いのです。

そのため現実的には、自分と同じようなランクでありかつ今後発展が期待できそうなサイトを選ぶのがよいと思います。自分のページのランクが上がってきたら、それ相応のランクのサイトに相互リンクを依頼しましょう。

②自サイトと関連性の高いサイト

検索エンジンは獲得している被リンクの中でもそのサイトと関連性の高いサイトから獲得している被リンクを評価するといわれています。

そりゃあ考えてみればそうですよね。被リンクは論文の引用件数のようなものと説明しましたが、自分の研究テーマと関連のある権威者から評価されたほうが信頼性が高いですよね。

そのためこのサイトであれば「副業」や「お金が稼ぎ」「お小遣い稼ぎ」といったテーマのサイトからリンクを受けたほうがいいわけです。このサイトと関係のない食べ歩きブログなどからリンクをもらっても効果は少ないというわけです。

③サイト運営期間の長いサイト

基本的にはこれも①と同様に、ページランクが高いサイトを選ぶ戦略です。

サイト運営期間が長いサイトはそれだけでページランクが高い傾向にあります。

最近できた会社より、老舗の会社の方が信頼できますよね?それと同じことです。相互リンクを選ぶ際は運営期間も気にするようにしましょう。

④発リンク数の少ないサイト

相互リンクを獲得して効果が大きいのは、発リンクが少ないサイトです。

SEO対策の基本として、一つのページに配置するリンクの数は内部リンク、外部リンク合わせて100以内でないといけないという有力な説があります。

そのためリンクの多すぎるサイトは検索エンジンから低質なコンテンツとみなされる可能性が高いのです。

やたらめったらリンクしているサイトより、選りすぐりのリンクを得たほうが効果が高いということですね。

ただしこれは諸刃の剣で、リンク数の多いサイトはそれだけ相互リンクの承認率が高いです。逆に相互リンク数が少ないサイトはそれだけリンクを獲得するのが難しいということです。

⑤トップページにリンクしてくれるサイト

実は相互リンクの効果はトップページにリンクを貼ってもらったほうが効果が高いと言われています。

よくあるのがリンク集専用のページを作っている場合です。リンク集ページよりトップページのほうが相互リンク効果が高いですから、選べるならばトップページでリンクを行っているサイトを選んでください。

効率的な相互リンクの獲得方法

以上を踏まえて効率的な相互リンクの獲得方法を考えていきます。

その具体的な方法は以下です。

まず自サイトの関連の高いワードで検索し、上位サイトから相互リンクを依頼していきます。(もちろん最初のうちは失敗する可能性が高いです)

そしてここからがポイントですが、その検索順位の高いサイトからリンクされているページを狙います。そこでも無理ならさらに次のリンク、次のリンクというふうにたどっていくのです。

この方法ならば、自サイトに関連のあるサイトで、相互リンクを受け入れているサイトを効率的に探せるので効果的です。

もちろん検索順位の高いサイトには断られる可能性が高いですが、順にリンクをたどっていくことで検索順位は下がっていくことが多く、自サイトと釣り合うページに近くなっていくので、徐々に承認率が上がってくると思います。

リンクポリシーを記載したページを作成する

相互リンクを承認してもらうには、自身のサイトを作りこむ必要があります。

相手の気持ちにたって考えれば拙いページから相互リンク依頼が来ても断りたくなりますよね。

相互リンクを依頼すると、依頼された相手は必ず承認する前に自サイトを閲覧しに来ます。そのときにリンクポリシーを記載したページがあると承認率が高くなります。

当サイトでいえば以下のページです。

 

このページには自サイトの名前やトップページURL、そして紹介文などを記載しておくといいでしょう。相手がリンクしやすくなります。

またリンクポリシーページを用意することは、逆にあなたのサイトが相互リンクを依頼されるときにも役立ちます。リンクを依頼する方法が明確に記載されていると相互リンクの依頼がしやすいですよね。

当然、自分の連絡先(専用のメールアドレス)などを記載しておくといいいと思います。

相互リンクサイトを利用する

世の中色々なことを考える人もいるもんで、相互リンクの協力サイトサービスがあります。

基本的に無料で利用できるものが多いので、こういったサービスを利用するのもいいでしょう。

当サイトも「みんなでつなごう相互リンクの輪」(http://all-sogolink.net/)というサービスを利用しています。

このサービスを利用しているサイト同士は簡単に相互リンクが依頼できるので、かなり便利ですよ!

まとめ

相互リンクを依頼する際に気を付けたいポイントをまとめました。

理想をいえば、このページに記載されていることを実践していくのが近道なのですが、こういった条件をすべて満たすサイトなんてほとんど存在しないので、そこはある程度現実を考えて相互リンクを依頼しましょう。

アフィリエイトで稼ぐトップへ戻る↓

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

アフィリエイト・ブログ関連記事一覧

稼ぐためのマインド

稼ぐためのマインド

その他

その他
アフィリエイトで稼ぐための記事(その他)