1. ホーム
  2. アフィリエイトで稼ぐ
  3. ≫サイト・ブログ作成初期段階の検索インデックスを早める方法

サイト・ブログ作成初期段階の検索インデックスを早める方法


アフィリエイト報酬や広告収入を高める最も確実な近道は検索サイトの検索順位を高めることです。

そのため検索順位を高めるSEO対策が重要となってきます。そしてSEO対策のひとつにインデックス速度を早める対策があります。

インデックス速度とは、サイトのページを公開してからそのページが検索サイトの検索エンジンに登録されるスピードのことです。実はサイト作成初期段階では新しくページを作成しても検索サイトにインデックスされる速度が遅いため、インデックスされるまでは検索結果に表示されないのです。

このページではそんなサイト作成初期段階時においてインデックス速度を早める方法を紹介します。

検索サイトのインデックス

googleなどの検索サイトではWEBサイトの情報をひとまとめにしたデータベースを持っています。

私たちが検索サイトで検索を行ったときに表示される結果は、そのデータベースからある特定のアルゴリズムによって順位付けされて抜きだした結果なのです。

そのためgoogleなどの検索エンジンを運営している企業は、botやクローラーと呼ばれる世界中のWEBサイトの情報を収集するプログラムを日々動かしています。

そのbotやクローラーが何か新しいサイトやページを見つけるとそのアドレスと内容をデータベースに登録するわけです。これをインデックスと呼んでいます。

つまりこのbotやクローラーに自分のWEBサイトを訪問してインデックスしてもらう必要があるのですが、作成初期段階のサイトではこのクローラーが自サイトを訪問する頻度がかなり低いのです。そのためなかなかインデックスされずに検索しても検索結果にヒットしません。

これが長年運営しているサイトだと、新しいページを投稿するとすぐにクローラーが巡回してきて、すぐにインデックスされるのですが、サイト作成初期段階だとそうはいきません。

私なんかシステムエンジニアをしているので、こういったアクセス解析をすることがあるんですが、google bot君とかbing bot君とか結構アクセスがありますよ。たまにもう攻撃かってくらい変なアドレス宛にアクセスしてきてエラー起こして帰ってくことがあるので、コノヤロー(怒wと思うこともあるんですが、WEBサイトやブログを個人で運営している人にとってはかなりいいやつなのです。

当然、長くサイトやブログを運営していれば、そのうちインデックスされる速度は早くなっていくのですが、アフィリエイトではアクセス数が重要なので、サイト作成初期段階においてこのインデックスされる速度を早める対策を行うことは必須なのです。

インデックスを早める方法

まず検索サイトのインデックスを早める方法の王道は以下です。

  • SEO対策を行う
  • 被リンクを集める
  • 良質なコンテンツを定期的に追加していく

結局は良質なコンテンツを作り続けることが一番の対策なのですが、コツがあるのです。

それはコンテンツを”定期的に”投入していくことです。

実は一か月毎に30記事まとめて投稿するよりも、毎日1記事ずつ投稿したほうが、インデックス速度が早くなると言われています。これはなぜかというと検索サイトからすると毎日更新されていたほうが情報が新しいと判断されるため、評価が高くなる傾向にあるのです。

兵法においては戦力の集中投入が基本ですが、ことSEO対策においては小出しにしたほうがいいんですね。

ではどのくらいの更新頻度がいいのかというのは答えがありませんが、毎日更新するのが望ましいのは確実です。ただし毎日更新していても、サイト作成から3か月くらいはどうしてもインデックス速度が遅いので我慢の時期と割り切ってがんばりましょう。

Fetch as Google

さてここからはページを公開してから少しでも早くインデックスされるために行うべきものを紹介します。

まず一つ目がこのFetch as Googleです。

これはGoogleウエブマスターツールに登録することで行うことができます。Googleウエブマスターツールは自身のサイトとgoogleをつなぐ窓口になるので必ず登録しておきましょう。

Googleウエブマスターツールに登録すると、Fetch as Googleを行うことができます。Fetch as Googleとは新しいページを作成したときに、そのページにgoogleのクローラーの巡回を促す操作になります。

まあわかりやすく言うと「Googleさん、こんないいページ作ったんで見に来てよ!」というお知らせを送る作業になります。

サイト作成初期段階では、新しくページを作成したら必ずこのFetch as Googleを行うようにしましょう。

pingの送信

pingとはネットワークエンジニアなら基本中の基本の操作なのですが、本来の意味はネットワークがつながっているかを確認するコマンドになります。

これがウエブサイトの世界になりますと、自サイトの更新情報を専用のサーバに送信する作業のことを指します。

無料レンタルブログであれば、なにか新しく記事を投稿すると自動的にブログサービスがpingを送ってくれているので問題ありませんが、独自ドメインでWordpressなどを使ってサイトを作っている方は、自身で設定する必要があります。

WordPressであれば記事投稿時にpingを送信する先を設定できるので必ず設定しましょう。送信先はちょっとぐぐれば出てくるので確認してみてください。「サイト ping送信先」などでググればたくさん出てきます。

まとめ

サイト作成初期段階におけるインデックス速度を早める方法を紹介しました。

サイト作成初期段階ではインデックス速度が遅いため、なかなかアクセスが集まりません。ここで紹介したものを積極的に取り入れて、成果を早く出せるようにがんばりましょう。

アフィリエイトで稼ぐトップへ戻る↓

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

アフィリエイト・ブログ関連記事一覧

稼ぐためのマインド

稼ぐためのマインド

その他

その他
アフィリエイトで稼ぐための記事(その他)