1. ホーム
  2. 記事作成で稼ぐ
  3. ≫クラウドソーシングを始めてみよう!具体的な手順や必要なものは?

クラウドソーシングを始めてみよう!具体的な手順や必要なものは?


anke-to03

これからクラウドソーシングをはじめよう!という方にとって気になるのは、どうやって始めるのか?そして始めるにあたって必要なものはあるのか?ということですよね。

基本的にクラウドソーシングはパソコンとネット環境だけあればすぐに始めることができます。

ただし報酬はインターネット経由の支払いなので、銀行口座と連絡用のメールアドレスは必須になります。

このページでは、クラウドソーシングを始めるための具体的な手順と必要なものについて解説します!

 

クラウドソーシングの始め方・手順

クラウドソーシングを始める方法は簡単です。

まずはクラウドソーシングサイトに登録して、サイト上で好きな案件を探してエントリーするだけです。

基本的には日本で最大級のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」か「ランサーズ」に登録しておけば間違いないです。

この2サイトは現在、クラウドソーシングのデファクトスタンダードになっているので、この2サイトにないサービスというのはほとんどありません。

 

まずはクラウドソーシングサイトに会員登録する

クラウドソーシングサイトにアクセスして、会員登録をしましょう。

登録に必要なものはメールアドレスだけです。

基本的には画面の指示にしたがって、必要項目を入力していけば、3分ほどで会員登録は完了します。簡単ですね。

クラウドワークスとランサーズの会員登録方法は以下の記事に画像付きで詳しくまとめています。

 

 

登録したらプロフィールを設定する

会員登録が完了したら、次にプロフィールを設定します。

このプロフィールは自分の得意なことや持っているスキルなどを登録する必要があります。ここで真面目に登録しておけば、仕事を依頼するクライアントに自分をアピールすることができるので、仕事を受注できる可能性が高くなります。

自己紹介文には簡単な経歴なども載せておくといいと思います。

できるだけ細かく内容を記載しましょう。

名前はニックネームでも問題ないです。またプロフィール画像もきちんと登録しておきましょう。ご自身の顔写真がベストですが、ネット上に顔を載せたくないという人もいると思いますので、そういった人はイラストや何かの写真などでも問題ありません。

おそらくすぐにわかると思いますが、このプロフィールをきちんと登録しないと仕事がなかなか受注できないということにもなりかねません。あなたが仕事を依頼するクライアントだったら、プロフィールもほとんど書いていない様なよくわからない人に仕事を依頼したいと思うでしょうか?

仕事を依頼する立場に立って、プロフィールを書くとよいと思います。

ここまでの作業で仕事を始める準備ができました。ここからは早速仕事を始めてみましょう。

 

仕事を始める

クラウドソーシングサイト上にたくさんの仕事の依頼が載っていると思いますので、気になる仕事を探してみましょう。

最初は気軽に行うことが出来る「データ入力」や「記事作成」といった「タスク」形式のものがいいと思います。

タスク形式の仕事でクラウドソーシングに慣れていき、もっとできそうと思ったらより高度な仕事に挑戦していくのが王道です。

仕事を始める前は何かと不安だと思いますが、「まずやってみる」ことが重要です。やってみないことには雰囲気もつかめないですし、不安だけが募っていきます。

逆にとりあえず一つでもやってしまえば、流れがわかってどんどん仕事をやってみたい!と思うはずです。私も経験がありますが、最初に行った仕事がクライアントに承認されて報酬が振り込まれたときには、ものすごい達成感と喜びがありました。

ネットで稼いでいる!という実感が得られますよ。

クラウドソーシングのいいところは、自由気ままに好きなときに好きなだけ仕事ができるということです。暇なときはどんどん仕事をこなして、逆に忙しいときはセーブするということが可能です。

アルバイトだとこうはいかないですからね。

 

クラウドソーシングに必要なもの

クラウドソーシングは一般的な人であれば特に必要なものを準備する必要はありません。始めるにあたって必須はものは以下くらいです。

 

パソコン・スマートフォン

クラウドソーシングをするにあたってパソコンとスマートフォンは必須です。

ただし、現代においてパソコンとスマートフォンを持ってないという人は聞いたことがないので、問題ないと思います。

文字を打ったり、データを入力したりする必要があるので、スマートフォンよりはパソコンで作業したほうが効率的です。

スマートフォンでも文字が打てるから大丈夫という方でも、扱えるファイルの形式に限界があるので、さすがにパソコンは用意しておきましょう。

そうするとスマートフォンは何に使うかといいますと、クライアントと連絡であったり、空き時間でのタスクの消化などに使うことができます。まあいまどきスマホを持っていない人もいないと思うので、あまり気にする必要はないでしょう。

記事作成やデータ入力するくらいならスペックは問題になりません。さすがに動作がものすごく遅い古い型とかでない限りは、いま保有しているもので十分だと思います。

クラウドソーシングはデータが命です。作成したデータを納品することで初めて報酬が発生します。そのため作業中のバックアップは念入りに取得しておきましょう。

外付けのUSBなどがあると便利です。

 

ネット環境

クラウドソーシングは当然のことですが、ネット環境が必要になります。

動画を落とすとかではないので、光回線である必要はありません。ADSLでも十分でしょう。そんなにインターネットを使わないという人はスマホのテザリングでも問題ないと思います。

またノマドワーカーのようにカフェや外出先で仕事をしたいという方はWimaxなどのモバイルルーターを契約してもいいと思います。

スタバなどのカフェで仕事をしていると「俺、すげー」的な雰囲気に浸ることができますよ(笑)

 

銀行口座

クラウドソーシングの報酬の支払いは基本的に銀行口座振込みです。

そのため銀行口座を持っていない人(なんていないと思いますが)は銀行口座を用意しましょう。

仕事用の振込口座を新たに作成してもいいと思います。というのは、ネットでお金を稼ぐと、一定以上の金額から確定申告が必要になります。

そのときに仕事の報酬の入出金がわかりやすいため、専用の口座を用意する人も多いです。

新たに銀行口座を作るならばネットバンクの口座がおすすめです。ネットバンクの口座であれば、手数料が安かったり金利が高かったりとメリットしかありません。

この辺の内容は以下の記事に詳しくまとめています。

 

本人確認書類の登録

クラウドソーシングやランサーズには、本人確認書類を使って、本人認証の仕組みがあります。

当然これは任意なのでやらなくても問題ないのですが、やっておくと信頼性が向上し、できる仕事の幅が広がります。

特に問題なければ本人認証はしておいたほうがいいでしょう。

本人確認書類は運転免許証や住民票、保険証など通常の本人確認書類と変わりません。もちろん郵送で提出する必要はなく、ネット上でデータをアップロードする仕組みになっています。

 

まとめ

クラウドソーシングを始めるために必要な手順と、必要なものをまとめてみました。

見ていただくとわかると思いますが、基本的にパソコンとインターネットさえあれば誰でも簡単にクラウドソーシングを始めることができます。

さっそく登録してみて、仕事をこなしてみましょう。一度やってみるとすぐに慣れて、どんどん稼げると思いますよ!

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

クラウドソーシング関連記事一覧