1. ホーム
  2. 記事作成で稼ぐ
  3. シュフティ(shufti)
  4. ≫シュフティ(shufti)の稼ぎ方・評価まとめ

シュフティ(shufti)の稼ぎ方・評価まとめ




シュフティの基本情報
運営会社 株式会社うるる
交換レート 1P=1円
最低換金額
 300円
換金手数料 540円
ポイント有効期限
サービス利用料 報酬の10%
ランク制度
登録に必要な情報 フリーメールアドレスのみで可能
年齢制限 16歳以上
紹介制度 -(なし)

 

老舗の大手クラウドソーシングサイト!

シュフティは2007年にサービスを開始した業界の中では老舗のクラウドソーシングサービスです。「在宅ワークという働き方をスタンダードにする!」というポリシーをもってサービスを運営しています。

登録されている仕事の内容は多岐にわたり、隙間時間を利用した事務作業や記事作成などのライティングからスキルを活かしてじっくりと取り組む仕事などがあり、ライフスタイルに合わせた利用方法が選択できます。

シュフティはその名の通り、メインのワーカーは主婦層が多いです。そのため平日昼間に、素人でも出来る作業が多く人気となっています。さらに報酬未払いの防止制度がしっかりとしていて安心です。

スキルアップを狙いたい方は、スキルの評価制度があるので、ランクアップも可能です。

在宅ワークは1億総活躍社会が謳われている現在、家にいながら働ける方法として注目されています。特にスキルを持ちながら子育てのため家にいなければならない主婦や、在宅でフリーランスで働きたいエンジニアなどに人気となっています。

シュフティはこんな人におすすめ

  • 主婦で在宅で働きたい方
  • 大量の案件があり、安定して稼ぎたい方
  • 自由気ままに働きたい方
  • 東京で消耗している方
  • 好きな時に好きなだけ働きたい方
  • 手数料が安いほうがいい方

シュフティは日本で最大級のクラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングとは、簡単にいうとお仕事マッチングサービスです。主にインターネット上で様々な仕事を依頼した人が、案件を掲載し、その仕事をしたい人が受注して、作業を行います。

仕事をしてほしい人(クライアント)と仕事をしたい人(受注者)を効率的に結び付けてくれるサービスというわけです。様々な働き方が出始めている現在、在宅で働く生き方として、現在クラウドソーシングはメディアなどでも注目されています。

特にシュフティは主婦層をメインターゲットにしていて、眠っている労働力の活用促進という意味でも期待されています。

シュフティの稼ぎ方

シュフティに会員登録すると、本当にいろんな案件があり、自分のスキルとライフスタイルに合わせて様々な依頼を受注することができます。

shufti02

その内容は主に以下のようなものがあります。

  • ライティング(記事作成など)
  • 事務作業(データ入力など)
  • 翻訳
  • デザイン・マルチメディア(ポスター作製、写真撮影など)
  • WEB・開発(コーディング、アプリ開発など)
  • ビジネスサポート・その他(資料作成、営業など)
  • シュフティ外出(覆面調査・インタビューなど)

上記のような色々な作業がありこの中から自分で案件を探して受注します。作業が完了すると初めに提示されていた報酬を受け取る仕組みになっています。16歳以上であればだれでも気軽に開始することができます。

シュフティに登録してから、お仕事を開始するまでの手順は簡単です。気になる仕事を検索して応募するだけ。

shufti03

会員登録は当然無料で、お仕事をするにも自分でお金を払うことは一切ありません。サービスの利用料は基本的に報酬の中から数%差し引かれる形で支払います。そのため自己負担や初期費用は一切かからないというわけです。

シュフティの手数料は一律報酬の10%です。

インターネットとパソコンさえあれば基本的にすべてのことが出来てしまいます。

シュフティの会員登録方法はこちらの記事を参照してください。

 

シュフティの仕事の形式

シュフティには2つの仕事の形式があります。

①タスク形式

基本的にネット副業初心者の方はこちらをメインに活動していくことになります。タスク形式は比較的シンプルな作業が多く、募集されている案件の中から自分が行いたい仕事を選んで、さっそく作業を行います。作業が完了して、成果物を提出したら、クライアントが確認して承認されると報酬が支払われます方式です。

タスク形式のお仕事の中には、記事作成などのライター案件や口コミ・レビューなどを書くだけの簡単な仕事が多いです。基本的に特別なスキルがない人はこのタスク形式の仕事をこなしていくことになります。

といってもタスク形式の案件だけで十分な量の案件があるので、誰でも気軽に開始できるわけです。特に主婦層やお小遣い稼ぎの学生に向いていますね。

②プロジェクト形式

クライアントに雇われるイメージなのがプロジェクト形式です。気に入った仕事にまずは応募し、クライアントと期間や報酬などの条件を調整し、採用された場合に、仕事を行います。ある程度まとまった期間と報酬の作業なのでじっくりとネットで稼いでいきたい方向けです。

クライアントと直接話したりする必要があるため、よりフリーランスのビジネスに近いです。作業内容がよくクライアントに気に入られると継続して依頼が来たりします。

プログラミング作業などのエンジニアを中心とした案件も多いですが、データ入力やテープ起こしなどの案件もあるので、特別なスキルを持っていない方でも可能です。

シュフティの評判

シュフティの評判はどうなんでしょうか?

シュフティは2007年のサービス開始以来、安定して運営してきた実績のあるサービスです。サービス開始後に時代の流れもあり順調に成長し、今では日本で最大級のクラウドソーシングサイトとなっています。ワーカーとしての登録数は30万人以上、クライアントは1万社以上います。お仕事の登録件数は常時10万件近い登録があります。

最近では様々なメディアにも登場し、広く知られるようになっています。

個人がどのくらい稼いでいるかという話はわからないですが、少なくともサービス面やセキュリティ面で悪い評判は聞きません。

安心の報酬事前払い方式

クラウドソーシングサイトでは、確実に報酬が支払われるかということが重視されます。やっぱりネット上での依頼になりますから、信頼性のないサービスだと報酬が支払われなかったということもあるそうです。しかしシュフティは大手で保障もしっかりしているのでその点は心配ありません。

報酬はクライアントが事前にシュフティ運営側に支払っているので、ワーカーが作業を完了したのに報酬を支払ってくれないということがないのです。そういったトラブルがなく安心してサービスを利用できるのがシュフティの強みでもあります。

シュフティの手数料

シュフティの会員登録は無料です。仕事をするのにも自己費用は一切かかりません。

しかし仕事を受注して、報酬を受け取るときに、報酬額に応じてサービス利用の手数料を取られます。

そのため、「手数料を取られるのがいや!」といった口コミをたまに見かけます。しかし手数料は安心して、サービスを利用するためには必須なのでそこは割り切りましょう。逆に登録料などを取って、報酬からの手数料が無料というサイトはかなり怪しいです。そういったサイトは仕事がこなかったりするので避けましょう。

シュフティの報酬手数料は、一律で報酬額の10%です。他の大手クラウドソーシングサイトであるクラウドワークスやランサーズは10万円以下の報酬の場合20%が手数料となりますので、良心的と言えます。ただ手数料の割合よりも、依頼額の感じやサービス内容で判断すべきですけどね。

シュフティは大手のサービスで安定の稼働実績もあるので、安心してサービスを利用できるでしょう。

クライアント・ワーカーの評価制度

シュフティにはクライアント側、ワーカー側双方の評価制度があります。

シュフティでは「タイピングテスト」「一般常識テスト」「在宅ワークナレッジテスト」の3種類のテストがあり、このテストの結果がワーカーの評価としてクライアント側に公開されます。

テストに自信がないという方も一般常識程度があれば問題ありません。逆に言えばこうした評価制度があるからクライアントはワーカーの能力を事前に図れるため安心して仕事を発注できて、仕事のマッチング率が高いと評判です。

まとめ

いま話題の働き方であるクラウドソーシングを運営しているシュフティを紹介しました。シュフティはその名前の通り、主婦層をメインターゲットにしていて、サービスがわかりやすいと評判です。

自宅にいなければいけないが稼ぎたい主婦や、時間に縛られない働き方がしたい学生などは利用してみましょう!

登録は無料なので、まず始めてみるといいと思います。

シュフティ関連記事

登録・会員関連

シュフティの会員登録方法はこちらの記事を参照してください。

稼ぎ方・攻略法関連

クラウドワークスの評判はこちらの記事を参照してください。

換金方法関連

会員登録はこちらから↓


あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

クラウドソーシング関連記事一覧