1. ホーム
  2. 記事作成で稼ぐ
  3. ≫記事作成(クラウドソーシング)で稼ぐ方法~在宅ワークで独立する!

記事作成(クラウドソーシング)で稼ぐ方法~在宅ワークで独立する!


crouwd

ネット上には、フリーライターのように記事作成を行ってお金を稼ぐ方法があります。なんかライター業ってかっこいいですよね。

「えっ素人が記事書いて稼げるの?」と思うかもしれませんが、これがげるんです!

実はインターネットの世界には色々なテーマで記事を作成してほしいという需要がかなりあります。記事作成に限らずこういったネット上で仕事の受発注を行うことはクラウドソーシングなどとも呼ばれています。クラウドソーシングの利用者はフリーランスエンジニアから、サラリーマンの副業、主婦の内職まで様々ですが、副業としておすすめなのは記事作成です。

記事作成に特別な知識は必要なく、インターネットで調べた情報を自分の言葉でまとめる能力があればだれでもできます。もちろん自分の知識を生かした記事作成もあります。

特に在宅ワークとしての要素が強いことから、新しい働き方として注目を浴びています。会社を辞めてクラウドソーシングで生計を立てている人も多数登場しています。

 

記事作成でお金を稼ぐ方法(クラウドソーシング)

記事作成は意外に思うかもしれませんが、個人が発注していることが多いです。(もちろん企業などの法人が依頼している案件もたくさんあります)

それはインターネット上の色々なサイトを作っている人たちが発注しています。どういうことかというと、自分がサイトを作成するときに、その内容を自分の力だけで書いていると、いくら時間があっても足りないため、それをアウトソーシングしているというわけです。

そのため、記事作成で稼ぐというのは「~というテーマで、~文字で書いてください」といった案件が多いです。内容はその都度指定されますが、レビューだったり、概要だったり、調査だったり様々です。

受注者は、そのテーマについてインターネットや書籍で調べながら、”自分の言葉”でまとめていきます。ここで重要なのが、”自分の言葉で”ということです。

インターネット上の掲載文書をそのままコピペするのはもちろんNGです。既存にない新規の文書だからこそ価値があるのです。

またその他にも、企業関係者が体験談などを募集していることもあったり、依頼内容は様々です。毎日たくさんの依頼があることから、現状仕事に困るということはないでしょう。

企業の依頼として多いのが、現在流行りのキュレーションサイトにおける記事作成です。キュレーションサイトとは色々なカテゴリーのまとめ記事を集めたものです。NAVERまとめなどが有名ですね。その他にも雑誌のようにきれいな見た目のサイトにたくさんのまとめ記事が載っているものは大抵企業が運営しているキュレーションサイトということが多いです。

そういった意味でも、今後はさらにクラウドソーシングの仕事依頼が増えていくでしょう。

 

記事作成のおすすめポイント

これはなんといっても、自宅で自分の時間に合わせてできるということでしょう。

フルタイムの正社員で働いていたら、朝9時から夜の6時まで、確実に拘束されます。まあ当然その分給料はもらえて、生活も保障されていますが、自分の時間を犠牲にして働いている感じが否めません。

ところがこの記事作成は、自分の好きな時に好きなだけできますから、かなり自由度があります。そのため子供がいる主婦や、学生のアルバイトとして人気なのです。会社員を辞めてノマドワーカーとして地方に移住してクラウドソーシングで生計を立てている人もたくさんいます。

働く場所や働く時間に制約を受けない新しい働き方として注目を集めています。

さらにクラウドソーシングの記事作成は国語の能力が向上します。やっていると確実に文章作成能力が自然とスキルアップするのですね。これも大きな利点といえます。大学生などは就職活動にも役に立つと思います。

 

記事作成の方法

記事作成を行うには色々な方法があるのですが、大きく分けて2つです。

①お小遣いサイト・ポイントサイトに登録して、お仕事系の案件をこなす

②クラウドワークスなどの専門のサイトに登録して、案件を探す

①のお小遣いサイト・ポイントサイトについては詳しい内容はこちらの記事を参照してください。お小遣いサイト・ポイントサイトは匿名で登録できるのでまずはお試しでという方におすすめです。

 

特にモッピーげん玉などがお仕事系の案件は豊富です。基本的に報酬はサイト内のポイントなのですが、そのポイントは現金に換金できるので特に問題ありません。

お小遣いサイト・ポイントサイトは気軽に始められますので、記事作成をとりあえずどんなものかやってみたいという方はモッピーやげん玉に登録して、始めてみてください。記事作成はやったらやっただけ稼げるというアルバイトに近い感覚で始められるので、ネット副業を専業にしようとしてる人の登竜門としても最適ですね。

次に②のクラウドワークスなどの専門サイトですが、こちらはもう少し本気でやりたい方向けです。記事作成などのクラウドソーシングだけで生計を立てたい!といった方におすすめです。基本的な内容はお小遣いサイト・ポイントサイトなどを通して行う場合と同じなのですが、より案件が幅広く、その量も安定しています。単価も高いことが多いですね。

報酬も現金の口座振り込みであることが多いので、フリーランスで働くといったイメージに近いですね。

 

記事作成のコツやルール

記事作成・クラウドソーシングのコツはまずは自分の得意なテーマを選ぶということです。自分が知らないことやまったく興味のないことについて書くことは苦痛だし、ペンがなかなか進まないものです。

しかし自分の得意なことやよく知っていることならばスラスラ書けますよね。このアドバンテージを活かさない手はありません。

そして一番重要なのはリライトする技術です。リライトというのはコピペすることとはまったく違います。この辺のことは以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

 

記事作成(クラウドソーシング)はいくら稼げるのか?

さて、やっぱり記事作成やクラウドソーシングを始めるにあたって気になるのは

「いくら稼げるの?」

ということですね。記事作成やクラウドソーシングで稼げる額は当然経験によって変わってくるのですが、初心者だと時給に換算するとやはり400円くらいが目安になってきます。

この額、低いと思ったのではないでしょうか。しかしあくまでこの額は初心者の金額です。記事作成は経験によって、稼げる額をどんどん伸ばすことが可能です。経験者ならば時給1000円以上も十分に可能な業界なのです。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

おすすめのクラウドソーシングサイト

おすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。

現在、クラウドソーシング業界では「クラウドワークス」「ランサーズ」の2強体制となっています。やはりこういった業態は、人が集まるほうが仕事の幅も、仕事を受ける人も多く、どんどん集約されていく傾向にあります。

そこでデファクトスタンダードになっているのが、上記の2サービスなのです。

その他のクラウドソーシングサイトでは、デザインの募集に特化したり、記事作成に特化したりと、それぞれの独自色を出して、戦っています。

そのため、基本的には「クラウドワークス」と「ランサーズ」に登録しておけば、ほぼほぼクラウドソーシングで受注できる仕事の種類は網羅しています。やっぱり最初は大手が安心ですね。

大手に慣れてきたら、独自色を出している専門サイトなどに登録してもいいと思います。

 

①クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイト!

クラウドワークスは開始してから成長のスピードがものすごいです。クラウドソーシングサイトとして日本で最大級に成長しました。

クラウドワークスでは在宅でできる仕事のマッチングサイトとして有名で、その案件の量や、セキュリティの面で他を圧倒しています。

1億総活躍社会が謳われている現在、家にいながら働ける方法として、現在注目されています。特にスキルを持ちながら子育てのため家にいなければならない主婦や、在宅でフリーランスで働きたいエンジニアなどに人気となっています。

クラウドワークスについては詳しい内容はこちらの記事を参照してください。

 

②ランサーズ


ランサーズは日本で最大級のクラウドソーシングサイトで、クラウドワークスと人気を2分しています。

ランサーズでは全141ものカテゴリの仕事が日々、募集されており、いつでもどこでも仕事の受発注が可能となっています。

特に「タスク」形式という仕事の形式があり、いろいろな仕事の中でも気軽に受注できて、お手軽にこなせる仕事が集まっているため、初心者に人気が高いです。

ランサーズも他のクラウドソーシングサイトと同様に、仕事の依頼や提案から仕事の進行・納品まですべてを一括でネット上で行うことができます。セキュリティもしっかりしているので、安心・安全です。この辺は大手のいいところですね。
ランサーズについては詳しい内容はこちらの記事を参照してください。

 

 

③シュフティ


シュフティは2007年にサービスを開始した業界の中では老舗のクラウドソーシングサービスです。「在宅ワークという働き方をスタンダードにする!」というポリシーをもってサービスを運営しています。

登録されている仕事の内容は多岐にわたり、隙間時間を利用した事務作業や記事作成などのライティングからスキルを活かしてじっくりと取り組む仕事などがあり、ライフスタイルに合わせた利用方法が選択できます。

シュフティはその名の通り、メインのワーカーは主婦層が多いです。そのため平日昼間に、素人でも出来る作業が多く人気となっています。さらに報酬未払いの防止制度がしっかりとしていて安心です。

スキルアップを狙いたい方は、スキルの評価制度があるので、ランクアップも可能です。

在宅ワークは1億総活躍社会が謳われている現在、家にいながら働ける方法として注目されています。特にスキルを持ちながら子育てのため家にいなければならない主婦や、在宅でフリーランスで働きたいエンジニアなどに人気となっています。
クラウドワークスについては詳しい内容はこちらの記事を参照してください。

 

④shinobiライティング


shinobiライティングは初心者の記事作成に特化したサービスです。他のクラウドソーシングサイトが”在宅ワーク”全般をターゲットにしているのに対し、shinobiライティングはシンプルかつわかりやすいです。

簡単な文章を書くだけで稼ぐことができることから、現在人気のサイトとなっています。

記事を書いてネットで稼いでいきたいと考えるのならば、記事作成に特化したサイトであるshinobiライティングがおすすめです。さらにshinobiライティングは手数料が無料、最低換金額が低いなどネットで稼ぐ初心者にうれしいシステムを用意しています。
クラウドワークスについては詳しい内容はこちらの記事を参照してください。

 

⑤チームワーカーズ

案件単位の契約ではなくて、月額固定の長期契約を行っている珍しいサイトです。どちらかというと安定して、在宅で仕事がしたいという方に向いています。

◆ セールスポイント◆ TEAMWORKERS(チームワーカーズ)は、 一般的なクラウドソーシングサービスとは異なり、 月額固定・長期契約が基本のお仕事紹介サービス! ・WEBサイト運営代行に特化した案件が基本 ・更新作業、ページデザイン、バナーデザイン、コーディング、メルマガ配信、サイト解析、コンサルティングなど、  サイト運営に関わるあらゆるお仕事をご用意 ・一人一人のプロフィールを確認し、仕事ができる時間、スキル、など個人の特性に合わせた案件を  こちらから積極的にご紹介

登録は無料なので、まずは登録して条件を確認してみましょう。

登録はこちらから↓

⑤サグーライティング

なんといっても報酬が高単価なのが特徴です。その分高い品質のアウトプットが求められますが、稼ぐといったらこれです。

自身のスキルアップにもつながるので、本格的に記事作成をやっていきたいという方は登録してみましょう。

在宅ワーク【サグーワークス】の新しいサービス! セミプロのライターのための【サグーライティングプラチナ】の新規ライター募集プログラムです ◆◆プログラムの魅力◆◆ 応募条件なく誰でも登録が可能!1件で3,000円と高単価なプログラムです。 ◆◆サグーワークスの会員になる魅力◆◆ ・1記事書くだけで1,000円稼げる!文字単価が1円以上のお仕事が多数あります ・会員さんが1ヶ月で稼いだ最高金額は50万円越え!プチ稼ぎからがっつり本業も目指せる! ・時間や場所選びません!ノルマも一切なし!自分のペースで稼げます ・投稿記事への添削やアドバイスなど、文章力アップ・ステップアップが目指せます!

登録はこちらから↓


まとめ

記事作成でお金を稼ぐ方法を紹介しました。

クラウドソーシングとも呼ばれますが、いま在宅での新しい働き方としてメディア等でも盛んに紹介されています。これからまさに発展していく稼ぎ方だと思いますよ。

ぜひ試してみてください!
□【中級編】NEXT
ネット転売やせどりで稼ぐ方法

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

クラウドソーシング関連記事一覧