1. ホーム
  2. ネットでお金を稼ぐコラム
  3. ≫ちょっと待った!お金を借りる前に知ってほしいお金を稼ぐ方法

ちょっと待った!お金を借りる前に知ってほしいお金を稼ぐ方法


okane-nai

ちょっと待った!お金を借りる前に知ってほしいお金を稼ぐ方法

「お金がない!!」

こんなとき安易に消費者金融などからお金を借りてはいけません。他者からお金を借りるというのは最終手段であるべきです。

消費者金融でお金を借りると、金利が高いのでかなり損することになるし、一度借りてしまうと借金が癖になってしまいます。さらに隠れた悲劇も・・・

そんなときにお金を借りる前に知ってほしい、お金を稼ぐ方法を紹介します!

 

お金を借りることは地獄への入り口

よく借金地獄という言葉を聞きますが、この言葉は実態をよく表しています。借金はまるでアリ地獄のように一度入ると抜け出せないものなのです。

お金を借りる人というのは、最初は「一度だけ・・・」という人が多いです。しかしほとんどの人がお金を借りることが癖になってしまい、最終的には借金漬けに陥ってしまい、安定した人生から転げ落ちていくのです。

終いには他社から借りた分の金利を返すために、新たに借金をするという借金地獄に入っていきます。こうなってしまうともう借金地獄から抜け出すことは難しいのです。

もちろんどうしてもお金がなくて、今お金がなければ・・・といった人が最終手段として消費者金融などからお金を借りることは否定しません。

しかし”お金を借りる”という行為は安易に行ってはいけないと思っています。

 

消費者金融でお金を借りるというのはかなり損している!

ご存知だと思いますが、消費者金融でお金を借りると利息を払う必要があります。確かに今は金利の上限も法律で決められていて、さらに総量規制などで年収の1/3までしか借りられないなど消費者保護の仕組みがたくさんあります。

そのため法外な利息を取られることはなくなってきましたが、それでも利息というのは払うだけ無駄なお金です。払わないに越したことはありませんよね。

そしてお金を借りることで損している隠れた事項が、”信用情報”です。与信力ともいいます。

信用情報とはいわゆる個人の社会的な信用力や支払い能力を表す言葉です。例えば一部上場企業に勤めるサラリーマンなどはかなり信用力が高いです。

あまり知られていないかもしれませんが、消費者金融でお金を借りると、自身の信用情報に影響があります。

きちんと返していればそこまで影響はないと言われていますが、少しでも返済が遅れるとこの信用情報が傷つきます。いわゆるブラックリストに載るとよくいわれる出来事ですね。

これってどういう仕組みかといいますと、世の中には指定信用情報機関という会社が存在しています。日本でいうと日本信用情報機構(JICC)とCICです。

銀行や消費者金融などお金を借すような会社は、誰にいくら貸して、残高がいくらかといった情報を指定信用情報機関に報告する義務があります。そのため消費者金融でお金を借りると、「借金した」という情報が指定信用情報機関において一元管理されているのです。

そのため信用情報が傷つくとかなり困ったことになります。まずクレジットカードなんか作れないですし、住宅ローンなんて絶対組めません。もちろん新しい借金もできません。一度でも消費者金融や銀行のカードローンを利用した人は住宅ローンの審査が通らないという噂もあります。

度の借金が将来の住宅購入のチャンスを潰すことになるなんて想像できますか?

このように消費者金融でお金を借りるということは、一歩間違えば自身の将来のライフプランに影響するかもしれない行為なのです。

 

お金を借りる前にネットでお金を稼ぐ

以上のように消費者金融でお金を借りるということは、はっきりいって損でしかありません。一時はお金が手元に入り、うれしいかもしれませんが、長期的に見れば絶対悪なのです。

それではお金が必要になったときどうすればいいのか?

当サイトではネットでお金を稼ぐこと、つまりネット副業をおすすめしています。

ネット副業ならば、現業を行いながら無理なく収入を増やすことが出来ます。1~2日でお金を得られる即金というわけにはいきませんが1か月あれば10万円くらいはすぐに稼ぐことができます。

当然お金を借りるようなリスクはまったくなく、ネットにつながるパソコンやスマホがあればいつでも誰でも簡単に行うことができます。

腰を据えて収入を増やしたい場合は、当サイトのトップページに記載している初級編からネットでお金を稼ぐ方法を順番に行ってみてください。

上級編に到達するころには会社員としての収入が2~3倍になっていることも夢ではありません。

しかしこのページを見ている人は、そんな流暢なことを言っている場合ではない人が多いと思いますので、比較的即金で大金を稼ぐ方法を紹介していきましょう。

 

クレジットカードを作って稼ぐ方法

credit-card

まずネットで稼いで即金を稼ぐ方法として外せないのがクレジットカードを作って稼ぐ方法です。

クレジットカードというのは、会員を増やすためにかなりの販売促進費を用意しています。そのためうまくやるとクレジットカードを1枚作るだけで1万円ほど稼げてしまうのです。

これって知らないとまったく貰うことができないんですよ!

何も知らずにクレジットカード会社のホームページや店頭などでクレジットカードを作るとなにも貰えないことが多いのです。

しかしここで紹介する方法でクレジットカードを作るとお金が稼げます。この時代はまさに情報戦なのです。知っていれば得するし、知らなければ損します。

どうしてもお金を稼ぎたい人は、まずクレジットカードを作ってみてください。クレジットカードを7~8枚作れば1か月ほどで10万円くらい稼ぐことができますよ。

詳しい方法は以下の記事を参考にしてください。

 

 

無料相談、無料資料請求で稼ぐ方法

次に紹介する方法は、「無料相談、無料資料請求で稼ぐ方法」です。

この方法は基本的にお小遣いサイト・ポイントサイトに登録して行います。

詳しい方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

まずおすすめなのは、保険などの無料相談です。

保険の無料相談はお小遣いサイトを通して行うとなぜか1回7000円くらい貰えます笑。

これも知らなければ絶対わからない稼ぎ方ですよね。

だって相談に行くだけなんですから。もちろん実際に保険に入る必要はなく、あくまで興味を持って話を聞くだけでOKです。特に強い勧誘もされないので安心してください。

次におすすめなのが資料請求です。例えば家を買う場合など高額の買い物に関する資料の請求は1件で2000円くらい稼げます。もちろんこれも無料の資料を請求するだけで、実際に買う必要はありません。高額な買い物は1件売れるとその分儲けが大きいので、1件にかける販売促進費が大きいのです。

ただし資料を請求したら、電話が来たり、アンケートを書く必要があったりしますが、その辺はちゃんと対応しましょう。ネットでお金を稼ぐためです。

 

メルカリなどのフリマアプリで持ち物を売ってみる

ネットでお金を稼ぐ方法でおすすめなのが「ネット転売・せどりで稼ぐ方法」なのですが、この方法は最初に多少の資金が必要なのが唯一の難点です。

収入を継続的に増やしていきたい人にはぜひおすすめしたい方法なのですが、「そんなお金ない!」と言う人にまずお金を得る方法の紹介です。

それはなんてことはない、持ち物を売る方法です。

意外と自宅には使っていなくて売れるものがあるんです。一昔前はそう簡単に自分の持ち物を売るなんてことは出来なくて、売るとしてもリサイクルショップに持っていて、二束三文にならない金額で売るといった感じでした。

しかし最近はフリーマーケットアプリやオークションアプリが登場したこともあって、ちょっとした工夫を行うだけで身の回りの持ち物が比較的高額で売れる可能性があるのです。

まずお金がほしいという人は、最初に自分の持ち物を売ることを考えてみてください。

詳しい方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

まとめ

消費者金融などでお金を借りようと思っている人が、ちょっと立ち止まって考えたほうがいい理由と、その場合にどうやってお金を稼ぐのかを紹介しました。

お金を借りるというのはかなり損している行為で、どうしようもない場合の最終手段であるべきです。

急がなければ、当サイトで紹介しているネットでお金を稼ぐ方法で収入を増やしましょう。即金がほしい人はこのページで紹介している比較的簡単に大金を稼げる方法を試してみましょう!

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。