1. ホーム
  2. ネットでお金を稼ぐコラム
  3. ≫政府が副業を容認・推進へ!自分で稼ぐ時代の生き方を考える

政府が副業を容認・推進へ!自分で稼ぐ時代の生き方を考える


side-business

政府が副業を容認・推進へ!自分で稼ぐ時代の生き方を考える

最近のニュースで気になるものがあります。それは政府が「副業・兼業の拡大へ指針を出し、企業に対して副業の容認を促す」というものです。

これは今後の働き方を劇的に変えるきっかけともなり得る出来事かもしれません!

つまりは政府が副業や兼業を事実上推進して、大副業時代がやってくるかもしれないということです。

現在は確かに副業や兼業を禁止している企業がほとんどです。しかしこの環境が大きく変わろうとしています。会社という一つの収入源に頼った生き方では今後はやってけなくなるでしょう。

そんなときにまずはネットでお金を稼ぐという副業を始めてみてはいかがでしょうか。

 

日本の企業が副業解禁に!?

副業しようとしているサラリーマンたちの足かせになっていたのが、現在の日本企業のルールである副業の禁止規定。

サラリーマンたちはいままで副業をしたくてもできない現状がありました。

しかしこれは一つの企業に定年まで勤めるという終身雇用を前提としたルールです。「安心してこの会社で働いていれば副業なんかしなくても大丈夫ですよ、副業したら本業に支障が出るからやめてね」というメッセージでもありますね。

だからわたしたち日本人はそれこそ会社に人生を捧げて、必死に働いてきたのです。

しかしこの状況はもはや過去のことになっています。そもそも終身雇用は崩れて、労働の流動性は高まっています。そのため企業が社員に副業を禁止にするルールはもはや時代遅れと言わざるをえません。

そもそも社員の生活を縛るなんてナンセンスだと思いますよ。それは社員の人生を一生面倒見る、つまり終身雇用・年功序列を保障して初めて言えることです。それがなくなった時点でそのルールは破綻しているのです。

 

さらに最近では電通の件もあり、残業時間は削減されていく一方です。これではいままで残業で給料を稼いでいたサラリーマンたちの生活自体が脅かされているのです。

もちろん残業時間の制限は基本的に賛成ですが、いまま残業で得ていた成果と報酬の代替手段のことは政府はまったく考えていません。

そこで出てきた政府の働き方改革です。副業の容認を企業に促していくという時代に合った施策を打ち出そうとしています。なんかわたしには残業分は自分で稼げ!と言っているような気がします。

働き方改革の表向きの目的は、会社勤めを続けながら勤め先に縛られない自由な発想で新規事業を推進したり、労働力の増加による経済の活性化が狙いです。政府内では大企業が優秀な人材を抱えすぎだという思いもあるようですね。

まあとにかく今後、日本の労働市場は一つの会社に最後まで勤めるというような単純なものではなく、自分のライフスタイルに合わせて組み合わせを考えていくようなマルチジョブ化の流れになっていくと思います。

今の会社にしがみついているようでは、生きていけないですよ。

 

副業の意識が変わる!!

管理人である私は現在、企業に勤めていますが当然副業していることは伝えていません。これが政府が進める働き方改革によって、副業が解禁されれば堂々と副業を行うことが出来るようになります。

まあ別にいまの状況でも、本業に支障をきたしてないので何も変わらないといえばそうなんですが、気持ち的には大分楽になります。

いままでは同僚に、副業の話をしたことはありませんでしたが、副業が解禁されれば副業の活動を公にすることもできるのです。

そうなってくれば副業はコソコソ行うものから、やっていて当然のものという意識に変わってくる時代になります。そうなればキャリアパスの考え方も変わってくるというものです。

もしかしたら上司との面談で将来のキャリアパスについて副業を織り込んだ話をするようになるかもしれません。現在はこの会社で一生働いていく、そのために昇進していくということを前提にしたキャリアプランしか用意されていないと思いますが、それが昇進しないキャリアパスというのが登場すると思うのです。

「副業があるので、現在の階級・仕事内容を守りたいです!」

こういった相談ができるようになります。現在の企業は昇進するとともに責任も増えて労働時間が増える傾向にあります。給料の増加と引き換えに心身の負担は増える一方です。

私は大手のIT企業でエンジニアとして働いていますが、いまの上司を見てるとほんとひどいものです笑。もちろん給料はいいんでしょうけど、責任が多い仕事なので私生活を犠牲にして働いてるんじゃないでしょうか・・・

これって幸せなの?

そのため私は正直、いまは副業があるのでこれ以上本業の負担を増やしたくないと思っています。つまり副業と本業の組み合わせや割合といったことを考慮して今後の働き方の相談ができるのは非常にうれしいです。

もちろん本業はがんばります。しかし本業がすべてではありません。さらに副業は私の考え方を広く、そして柔軟にしてくれますから、本業にとってもプラスになることは間違いありません。

そして現在は例え望んだとしても会社で昇進していく枠というのは減ってきているので、むしろ副業をしないと生き残れない時代になるといえなくもないです。

 

副業しないと生き残れない時代に

政府が副業を容認するということは、隠れたメッセージとして、給料が増えないなら自分で増やせと言っているのではないかと思っています。

実際、年金の受け取り開始を75歳に引き上げようとしていると言いますし・・・

企業において年功序列が崩壊して間もないですが、それとともに給料が増えないミドル世代が増えているといいます。しかしミドル世代は基本的に給料が増加していく前提で現在の日本の人生は設計されています。

それが給料が増えないと人生設計が破綻することになります。残業もできないしね笑。

つまりは副業をしないと生き残れない時代になってきているということになります。企業から貰えるお金が増えないなら、その分自分で稼がないと今までのような人生設計は成り立ちません。

会社もいままでは「一生面倒みるから一生懸命働いてね」と言ってきましたが、これからは副業を解禁するので堂々と「昇進させられないから、副業して自分で稼いでね」と言ってくるようになります。副業の解禁とは実はそういう側面もあるのです。

だったら自分で稼いでみようじゃないですか!

 

副業解禁の新時代にまずはネットでお金を稼いでみる

幸いなことに、現在は当サイトで紹介しているようにネットでお金を稼ぐ方法がいくつも存在しています。

まだまだ副業が公に解禁されたわけではないので、会社を兼業するというわけにもいきません。

しかし副業解禁の時代はどんどん迫ってきています。そんな時代が移り変わろうとしている時期にまずはネットでお金を稼いでみてください。

ネット副業はほとんどがノーリスクで始めることができます。

ネットでお金を稼いでみて、自分でお金を稼ぐということを経験していれば、これからの時代に迷子になることなく生きていけると思います。

また自分でお金を稼いでみると、会社に依存する、頼るという感覚はなくなって、精神的に強くなれます。私がそうでしたから。

今私は会社に縛られない生き方が出来ています。はっきりいって明日「お前クビね」と言われても「あっそうですか」と一言で済む自信があります(笑。

副業で稼いでいるという最強の懐刀があるというのは、本当に強いですよ。

【参考記事】

 

まとめ

政府が副業の容認を企業に促そうとしています。

それはつまり労働力の群雄割拠の時代になることを意味しています。

もはや一つの会社に頼って生きることはリスク以外の何者でもありません。そんな移りかわりの時代にまずはネットでお金を稼ぐ方法を試してみてください。

自分でお金を稼いでみると、本当に世界の見え方が変わりますから。

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。