1. ホーム
  2. ネットでお金を稼ぐコラム
  3. ≫お金がないといつも嘆いている人・お金を稼げない人の10個の特徴まとめ

お金がないといつも嘆いている人・お金を稼げない人の10個の特徴まとめ


no-money

お金がないといつも嘆いている人・お金を稼げない人の特徴まとめ

お金がないといつも嘆いている人、お金を稼げない人、こういった人たちには実は特徴があります。

つまり”お金がない人”や”お金を稼げない人”は決まったパターンがあるということです。それはイコールそのパターンから脱却すれば、”お金がある人”、”お金を稼げる人”になれる可能性が高くなるのです。

皆さんも今の生活を見直してみて、これから説明する特徴に当てはまるものがあれば、直して見ましょう!無意識で行っているものなど結構あると思いますよ。

このページでは、お金がないといつも嘆いている人、お金を稼げない人の特徴についてまとめます。

 

お金がない人、お金を稼げない人の性格

(1)趣味がない人、好奇心がない人

私が見てきたなかでこういった人は本当にお金がないです。

「えっ趣味があったらそれにお金をかけるから、無駄遣いが多いんじゃないの?」

と思うかもしれまえせんが、実は逆です。趣味があったり、好奇心がある人のほうがお金は稼げるのです。

趣味があったり、好奇心が旺盛な人は、言い換えれば行動力がある人です。

周りをよく見てください。お金を稼いでいる人で、趣味がなかったり、好奇心がない人がいますか?

どんな形であれ、お金を稼いでいる人というのは何かに情熱があり、思い入れがあり、好奇心による行動力が半端ない人だと思います。

そういう人は知識欲もあるので、情報を仕入れることを怠りません。そして仕入れた除法をすぐに行動に移します。失敗なんかおそれません。失敗したらそれを次に活かせばいいのです。

逆に趣味がなかったり、好奇心がない人はそもそも”何も始めない”のです。それはお金を浪費しないかわりに、稼ぐ手段を手に入れることもできません。

 

(2)あまりにいい人すぎる人

残念なことにあまりにいい人すぎる人はお金を稼げないです。

いい人なだけでは稼げないといったほうがいいでしょうか。

お金を稼ぐためにはときには何かを犠牲にして、取り組まないといけないときもあります。しかしいい人過ぎる人はその選択ができないのです。

大体がただのボランティアになってしまって、そこからお金を稼ぐという行動に移すことができません。自分の時間は有限です。そこに価値を発生させないといつまでたっても貧乏からは抜け出せないでしょう。

 

(3)ネガティブな人

ネガティブな人もお金を稼ぐことはできません。

ネガティブな人は物事を悲観的に見てしまって、稼げるチャンスを逃すことが多いです。

また人はポジティブな人の周りに集まってきます。お金を稼ぐということは人を集めるということと同義です。

何かを売るためには、買う人をたくさん集めなければいけないし、ネットでお金を稼ぐためには、ブログやサイトを多くの人に見てもらわなければ稼げないのです。

基本的にネガティブな人の周りには、その雰囲気が伝染して、人が集まってきません。人が集まらないと永遠にお金を稼ぐことはできません。

 

(4)時間をお金で買うということが理解できない人

お金を稼ぐ上で、時間をお金で買うということは非常に重要です。

自分が何かをできる時間は限られているのです。その限られた時間をどういうふうに使うかは稼ぐマインドとして一番大切です。

例えば隣のスーパーの方が卵が安いからといって、1時間かけて隣のスーパーに通う主婦がいます。その1時間で確かに卵は10円安くなったかもしれませんが、あなたの時間は1時間なくなっています。

時給にすると10円です(笑)

時間をお金で買うということを理解できない人は自分の時間が有限で、コストが発生しているということが理解できないのです。そのため自分のコストは度外視で目先の利益に走りがちなのです。

もうひとつ例をあげると、「タクシーなんて無駄だから絶対に乗らない」という人がいます。しかしお金を稼いでいる人はタクシーだって有効ならばどんどん使います。

タクシーに乗って、時間が節約でき、コスト対効果に見合う結果と思えばタクシーも使うのです。さらにタクシーに乗っている間は自分の作業ができます。

私の知っている人で、「タクシー代はタクシーに乗りながら稼ぐ!」という驚くべき人もいて、実際にそうしているのです。

 

(5)節約が好きな人

いままで節約が好きな人で、お金を稼いでいる人を見たことがありません。

節約が好きな人というのは、今あるお金を減らさないようにがんばる人です。そのため今あるお金を増やそうとがんばる人ではないのです。

一方でお金を稼げる人というのは、出口を減らすよりも、入り口を増やす努力をします。こっちのほうが生産的だと思いませんか。

節約する人というのは、なんに対してもケチになって、楽しい生活を送っているようには見えません。しかしお金を稼ぐ人というのは細かいところに神経使ってがんばるよりも、もっと抜本的な解決策を探る人なのです。

 

お金がない人、お金を稼げない人の行動

(1)なんでも自分でやってしまう人

なんでも自分でやろうとしてしまう人はなかなかお金を稼ぐことができません。

自分の努力次第で確かにある程度は稼げるかもしれませんが、そこからの伸びしろがないのです。

例えば優秀な企業家は、まず自分で会社を興して、そこからはその仕組みを使って事業を増やしていきます。そのためには従業員を雇わなければいけませんね。

また自分が得意でない分野はいっそのこと、出来る人にお願いしたほうが効率がいいこともあります。アウトソーシングという概念です。

お金を稼ぐ上でアウトソーシングは時間と効率の面で非常に役に立ちます。

自分が不得意なものや時間が掛かるものは人にお願いして、自分が得意なことに時間をかけるようにしましょう。

 

(2)なかなか行動しない人

慎重な性格でなかなか行動に移らない人がいます。こういう人は絶対に稼げません。

ネットでお金を稼ぐにあたっても、情報だけは仕入れて、なかなか行動しない人がいます。そんな人は例外なく稼げていません。なぜならばスタートラインにすら立っていないからです。

女性にもてる人ってどんな人だと思いますか?

かっこいい人?

違うんです。もてる人というのはバッターボックスに立つ回数の多い人です。もてる人というのはそれだけ空振りも経験しています。打率ではなく打数を多くすることで成功体験を増やしているのです。

当然空振りが多いと、経験が増えるので打率もあがっていきます。すべては行動なのです。

 

(3)感謝しない人

感謝の心がない人にはお金はよってきません。

小さいことに文句ばかりつけている人は、自分を省みない人です。逆に感謝が多い人は自分の行動を省みれる人です。

いろいろなことに感謝できる人はアイデアも豊富です。受けた行いを当たり前と思わないからです。

ビジネスチャンスは感謝の心から生まれることも多いです。

 

(4)お金を使わない人

お金を使わない人はお金を稼ぐことができません。

なぜならば使う人の気持ちがわからないからです。節約ばかりに目が行ってしまって、生活を切り詰めながら、毎日毎日地味な生活をしている人でそれからお金持ちになった人を見たことがありません。

お金を使うということは、お金が必要になります。それは一番必要なお金を稼ぐための原動力につながります。

またお金を使えば経験値が増えます。経験値が増えると、お金を稼げる能力も高くなっていくものなのです。

ケチな人は知識を得るための投資もケチります。お金を稼いでいる人というのは、知識や経験を得るために使うお金をケチることはありません。

お金を使わない人は、未来に投資するということが理解できないのです。

 

(5)目先の利益にこだわる人

目先の利益にこだわる人はお金を稼ぐことができません。

待つことができない人とも言い換えることができます。待つことができない人はじっくりと果物が熟れる前に、待ちきれなくて収穫してしまう人なのです。

例えばネットでお金を稼ぐ方法の王道であるアフィリエイトで稼ぐ方法は、ひとつのサイトやブログを作っても、半年間は無収入を我慢しなければいけません。

目先の利益にこだわる人は、「ああー、アフィリエイトってまったく儲からないや。やーめた」となってしまうのです。

お金を稼げる人は、目先の利益にこだわらず、先の大きな利益を見越して行動します。短期の利益よりも、継続した利益をたたき出す仕組みを作り出せる人がお金持ちになるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

お金がない人、お金を稼げない人の特徴をまとめてみました。

中には意外と思うこともあるかもしれませんが、周りのお金を稼いでいる人に当てはめるとよくわかると思います。

結局一番重要なのは行動力と好奇心だと思ってます。お金を稼ぎたいと思ってる人はなんにでも興味を持つようにするといいでしょう。

 

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。