1. ホーム
  2. ネットでお金を稼ぐコラム
  3. ≫サラリーマンの平均年収は450~460万円!これであなたは満足ですか?

サラリーマンの平均年収は450~460万円!これであなたは満足ですか?


salary-man01

サラリーマンの平均年収は450~460万円!これであなたは満足ですか?

「あなたは今の自分の給料に満足していますか?」

こう聞かれて自信を持って「満足している!」と答えられる人は日本国内だとほとんどいないと思います。もちろん”満足している”の基準は人それぞれなので一概には言えないかもしれませんが、日本人の平均年収から考えると満足してるなんて間違っても言えないと思います。

それでは日本人サラリーマンは一体どのくらいの給料をもらっているのでしょうか?あなたは自分の給料が全国民の中でどのくらいに位置付けられるか知っていますか?

日本のサラリーマンの平均年収は約450万円~460万円と言われています。サラリーマンである限り、その得られる対価としての給料は頭打ちでな感じがしますよね。

そして一部上場企業ならばもっと貰ってると思いきや、実は上場企業に絞っても650万円ほどなんです。

この額を聞いてどう思いましたか?

この額で十分と思った人はあまりネットで稼ぐ必要はないでしょう。今の給料で十分幸せに生きていけると思います。

しかし「これしか稼げないの?」と思った方はネットで稼ぐ素養はそれだけで十分です。ネットで稼げるかは現状に満足しない飽くなき向上心なんです!

給料が低い!と思った方はすぐにでもネットで稼ぐ準備を始めましょう。当サイトにはネットでお金を稼ぐ方法を詳しく解説しています。どれも管理人が実際に稼いでいる方法なので間違いないですよ。

【参考記事】サラリーマン・会社員が副業で稼ぐおすすめの方法10選

 

日本のサラリーマンよ!今の平均年収に満足しているか?

世の中の働いている人のほとんどはサラリーマンとして生きています。つまり企業に勤めてそこから給料をもらって生活しているわけですね。自分の時間を売って対価を得ているとも言えます。

サラリーマンは自分の命と等価である時間を会社に捧げる代わりに、給料をもらって生きているわけです。

そんなサラリーマンの平均年収は約450万円~460万円ほどといわれています。この額を聞いてどう思いますか?・・・私は最初にこれを聞いたときに衝撃を受けましたよ。

若手の虎

少な! これしかないの・・・

だってそうじゃないですか?

子供の頃って自分の親の年収はもっと多いとなんとなく思ってませんでしたか?

少なくとも私はそう思ってました・・・実際にはもちろんこれより低かったですが(笑)そう考えると私の子供の頃の生活は平均水準より大分低かったんだといまでは実感しています。成長するにつれてそんなことわかってたんですけどね。

私はその事実を目の当たりにするたびに「将来絶対にお金持ちになってやる!」と思ったものです。思えば私のお金稼ぎの原動力はこの頃の生まれたのかもしれませんね。

 

平均年収460万円の生活とは?

年収460万円を月収に直すと460÷16=28.75万円となります。まあつまり30万円の月収に夏と冬のボーナスがそれぞれ60万円くらいというわけですね。これが日本人の平均的な所得です。

私は子供の頃、平均的なサラリーマンの給料はもっと多いものだと思ってました。テレビなどで放映される派手な生活を思い描いていたからかもしれませんね。

ちなみに上場企業でも、年収が650万円なので月収40万円にボーナスが80万円です・・・

驚くことなかれ、これって額面の金額なのでここから保険料とか所得税とか引かれます。そうすると通常のサラリーマンの手取りは23万円ほどでしょうか。

23万円で一体なにができるでしょうか?家賃や住宅ローンが8万円で、食費が5万円で、光熱費が・・・これでいくら貯金できるのでしょうか?年一回の海外旅行なんて行けるのでしょうか?

あなたが思い描いている幸せな生活はこの金額で実現できますか?

ちなみに平均年収がこれだけということは、当然サラリーマンの貰っているお小遣いも減っています。その額はなんと月に4万円ほどしかないのです。

【参考記事】サラリーマンの平均的なお小遣いは4万円!少ないと嘆くなら自分で増やせ!

もちろんこれはあくまで全サラリーマンの平均なので、当然年齢が上がっていくにつれてこの額は変わっていきます。

年齢階層ごとの平均年収は以下のようなデータがあります。

normal

色々なデータがあるので数字も変わってきますが、このデータによると平均年収は415万円となっていますね・・・さらに低い。

例えば夫が働いていて、妻が専業主婦、子供が一人いる家庭を想定してみましょう。多分こういった家庭は大体30~35歳くらいの人が多いと思います。

salary-man03

こういった家庭が得ている平均年収が446万円となり、大体全サラリーマンの平均年収に合致します。つまりこのような家庭が得られる平均的な手取り月収が23万円ほどというわけです。

恐ろしいほどに低いですよね・・・もちろん生活できないレベルではなく、贅沢しなければ普通に生きていけるレベルではあります。下を見ればきりがないですし、上を見てもきりがありません。

ただこの月収では月一回の外食もためらうほどなんではないでしょうか。海外旅行なんてもってのほかですね。この給料で旦那さんは一体いくらのお小遣いが貰えるのか・・・

会社の飲み会に行くのにもはばかられ、毎日の缶コーヒーだって満足に買えないかもしれません。当然お昼はお弁当で、独身の若い社員が1000円のランチを食べてる横で愛妻弁当でお金を節約するわけです。(もちろん愛妻弁当のほうがいいという人は多いでしょうが・・・)

こんな家計の状態で趣味に使うお金は一体どこから出てくるんでしょうか。

 

そのため今の日本は男が働いて、女が家を守るという古き良き時代の幸せな家庭像はすでに壊れています。

こんな額では贅沢がまったくできないので、いまでは共働きが普通になっているのもうなずけますね。逆に共働きしないと我々が多い描いているような幸せな生活はもはや不可能な時代になっているのです。それだけ専業主婦になるのが難しい時代ともいえるでしょう。

【参考記事】専業主婦になりたいなら自分で稼げ!甘い考えを捨てて現実的な方法を考える

 

さらに給料が将来的に上がるのかというと、そうでもありません。上記のデータを見ると平均給料が一番高い世代が50-54歳で656万円です。全サラリーマンの平均額の1.5倍にもならないのです・・・

サラリーマンでいる限り、お金のある余裕を持った生活はあまり期待できないといえます。少なくとも確率的に言ったら、この給料以上をもらえるようになる人は少ないのです。

 

サラリーマンよ、この年収で満足か?

さて本題に入ります。

あなたはこの年収に満足していますか?

こう聞かれて「満足している!」と胸を張って答えられる人は少ないと思います。もちろんお金があれば幸せな生活ができるというわけではないですが、幸せな生活に最低限のお金が必要なことはいうまでもないと思います。

人生の教科書と言われる「闇金ウシジマくん」という漫画の中でウシジマくんがこんなことをいっています。

ushizimakunn

「金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ」

 

そう、お金がなければ幸せになれないというわけじゃないと思いますが、何をするにも金が必要なんです。どんなにかっこつけてもこれが真実です。

少なくとも私は460万円の年収をもらっても満足することはありません。こんな額を目指しているようでは目標が低すぎます。

しかしだからといって今の仕事を頑張れば給料が上がるのでしょうか?

 

今の仕事をがんばれば給料は上がるのか?

いまでは一つの会社にしがみついていれば自動的に給料が上がっていく時代は終わりました。昔は基本的に年功序列で、長く会社に勤めていれば確実に給料が右肩上がりに上がっていき、家庭を築いて幸せな生活を送ることが確約されていました。

そのため盲目的に会社を信じてがんばっていれば報われる時代だったといえるでしょう。安心して全人生をかけて会社に尽くすことができたのです。

しかし今や何が起こるかわからないこの時代に、給料が上がる見込みは少ないです。それはつまりいくら仕事をがんばっていても、そして何もしないで待っていてもこの状況が劇的に変わることはほとんどないということです。

サラリーマンってはっきり言うといくら頑張っても、それが対価になって返ってくることはないんですよね。せいぜい努力が認められて昇進が早くなるくらいでしょうか。一歩間違えば頑張っても、気づいてもらえず成果に結びつかないなんてことも普通にあります。

さらにがんばって昇進するためには、同期を出し抜いて、同期より残業して、さらに成果を出す必要があります。しかしその代償は大きいです。残業が多いということはそれだけ家庭を顧みずに働くことになるので、幸せな家庭を築くことは難しいですし、もしかしたら働きすぎてうつ病になってしまう可能性だってあります。

そうしてやっと得られるのが会社員としての成功なのです。

そんな生活は嫌だとまったり働いていても給料は上がらないのです。

何もしないで待っている、それはただの現実逃避です。

 

いまこそネット副業を始めよう!

サラリーマンである限り、貰えるお金は頭打ちです。それは夢のない、先の見えない一直線の道を進むようなものです。

一昔前までは、副業なんて簡単に行うことができなかったので、この年収に満足するしかありませんでした。ただそれでも確実に将来給料が上がることが分かっているから、みんな頑張れました。

しかし今は時代が違います。給料は増えないと思ったほうがいいです。そしてその代わりに副業、とくにネットを使った副業が簡単に始められる環境が用意されていると私は思っています。

さらに最近では政府が副業を推進するような時代になりました。

【参考記事】政府が副業を容認・推進へ!自分で稼ぐ時代の生き方を考える

年収が少ないなら自分で増やしてみましょう!

 

ネットでお金を稼ぐ方が現実的

ネットでお金を稼いで年収を増やす方法は、会社で昇進を狙うよりよほど現実的な方法です。そして転職で給料アップを狙うよりもリスクがありません。

会社で昇進するためには、同期より働いて、成果を出して・・・自然と労働時間が長くなって、家庭を顧みず働く必要があります。しかしその結果、昇進してなにが残るでしょうか。

会社で偉くなっても、会社を一歩出ればただのおっさん、おばさんです。会社という看板がなければ何もできないのです。会社内でふんぞり返って威張ってる役員だって、何も出来ない人たちなのですよ。

私はこの真実に気付いてから、会社の偉い人たちの前でもまったく緊張しなくなりました(笑)「むしろ自分のほうが稼いでいるんだけど」という感じで接してます。私は会社を出ても一人で稼いでいけるけど、目の前のおっさんは違います。

 

もちろん会社に自分の人生を捧げる生き方もあると思いますが、私はそんなの「くだらない!」と思ってます。会社という肩書がなければ生きていけないなんて、寂しいじゃないですか。

そのためまずはネット副業で収入を少しでも増やしてみませんか?自分で稼げるってことは自信につながります。いままでの生活が全然変わってきますよ。そしてネット副業は自分の頑張りがすぐに成果となって返ってきます。これはサラリーマンにはないダイナミックな感覚です。

ネット副業って何?という方はまずこちらからどうぞ。

【参考記事】ネットでお金を稼ぐとはどういうことか?副収入の種類は?

 

その副収入の額が増えていくにつれて見えてくる景色が変わってくると思います。私がそうでしたから。私もかつては仕事人間と呼ばれる部類の人間でした。しかしある時仕事がうまくいかず、ネット副業をするようになります。

そしてネット副業を頑張って続けた結果、いまではそれなりの副収入を得ています。そうすると本当に見える世界が変わってきます。まず「いつ会社を辞めてもいい」という余裕からか不思議と仕事がうまくいくようになりました。これには本当に驚きました。

そして金銭面の余裕があると、心に余裕が生まれて、色々なものを達観して見れるようになりました。お金の心配がないってやっぱり最強の心理です。

【参考記事】収入源を増やすと最強のサラリーマンになれるただ一つの理由

 

しかもネットで稼いでいるということは、インターネット上に資産を形成しているのと同じことなんです。つまりサラリーマンのように定年なんてないんです。いくら頑張っても会社の業績にしかならないサラリーマンとは違うのですよ。

 

まとめ

サラリーマンでいる限り、低い年収から抜け出せる可能性が低いことを紹介しました。そこでおすすめなのがネットでお金を稼ぐネット副業です。

現在は、パソコンとスマホさえあれば簡単に、そしてリスクなくネット副業を始められます。

これからネット副業を始めようとしている方は、まず当サイトの初級編から始めてみてください。稼げるようになると、普段の生活が変わってくること間違いなしです!

 

□NEXTコラム

ネットで稼ぐための心構えとは?考え方で稼げる額が変わる!

あなたのシェアが記事を書く原動力です!


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。